ここから本文です。

更新日:2019年8月26日

彼らの苦労や心情を理解し、話を聞いて、どうフォローするか考えるべき。(小口 敏弘さん)

小口さんの作業時の様子

業種

運輸業,郵便業

名前 小口 敏弘
障がい種別・程度

高機能自閉病3級

記載日:平成31年6月11日

業務内容を教えてください。

薬品関連会社の倉庫内作業(薬品の入出庫)を行っています。

一日のスケジュールを教えてください。

小口さんが作業している様子

8時00分~12時15分 出社後、午前の業務
12時15分~13時00分 お昼休み
13時00分~15時00分

午後の業務

15時00分~15時15分 休憩
15時15分~16時45分 午後の業務、退社

職場で配慮されていること(嬉しかったこと)を教えてください。

以前は6時~7時出勤があり、職員の方に車で送ってもらっていたのですが、こちらの生活リズムを考慮して頂いて、常時8時出勤をゆるして頂きました。

仕事をする上で、ご自分で行っている工夫を教えてください。

力仕事をする様子基本的に力仕事ですので体力を消費します。

その為、休憩時間は横になるなどして体力の回復を行うようにしています。

また、動作性が低いため、自分に合った仕事内容を選ぶようにしています。

活用した(している)支援機関を教えてください。

  • 札幌こころの診療所
  • 就業・生活相談室しんさっぽろ

ご自分が仕事で困ったときに、相談できる相手はいますか。それはどのような関係の人ですか。

  • 家族(メールでやりとりしています)
  • 職場の人(先輩やパートさん)

余暇(業後や休日)の過ごし方を教えてください。

土曜日は札幌の街に出かけて買い物をしたり、図書館で本を読んだりして過ごします。

それ以外では作品を作ったり、パソコンをしたりとのんびりしています。

障がい者雇用を考えている企業の方にメッセージをお願いします。

単なる雇用だけでは、働いている障がい者のフォローにはならないかと思います。

彼らの苦労や心情を理解し、話しを聞いて、どうフォローするか考えるべきだと思います。

これから一般就労をしたいと考えている障がいのある方にメッセージをお願いします。

作業時の様子単に毎日働くだけでは辛くなると思います。

もし自分に何らかの趣味があるとしたら、それをお金に変えるような取り組みをして、好きな事を仕事にしてみるのも面白いと思います。

 

 

 

 

 

 

(この記事は、ご本人から提出していただいた原稿を基に作成しています。)

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局障がい保健福祉部障がい福祉課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎3階 

電話番号:011-211-2936

ファクス番号:011-218-5181