ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉・介護 > 白石区複合庁舎元気カフェの運営事業者の選定結果について

ここから本文です。

更新日:2016年8月19日

白石区複合庁舎元気カフェの運営事業者の選定結果について

運営事業者選定結果について

白石区複合庁舎に設置する元気カフェについて、「札幌市障がい者協働事業」として運営する事業者の公募を実施し、「札幌市障がい者協働事業運営事業者選定委員会」において、選定に関する審議を行いましたので、結果についてお知らせします。

  1. 開催日時
    平成28年8月19日(金曜) 13時から16時55分まで
  2. 場所
    札幌市役所3号保健福祉局会議室
  3. 応募法人数
    7法人
  4. 選定結果
    (1)選定法人
     医療法人重仁会(理事長 田尾 大樹)
    (2)採点結果
     選定法人の採点結果(PDF:81KB)
  5. 議事録
    議事録(PDF:112KB)

白石区複合庁舎に整備する「元気カフェ」の運営事業者を募集します

札幌市では、白石区複合庁舎1Fに障がいのある方が働く場として、「元気カフェ」をオープンします。

「元気カフェ」は、市社会福祉総合センター、市役所、中央図書館のロビーに設置され、働く障がいのある方と訪れる市民の方の交流の場として、また憩いの場として利用されています。

このカフェについては、「札幌市障がい者協働事業」として運営していただくこととなりますが、このたび、運営を希望する事業者を下記の要領で募集し、運営に係る費用の一部を補助します。

1.設置場所

白石区複合庁舎1階(札幌市白石区南郷通1丁目南8-1)

 

2.オープン予定

平成28(2016)年11月7日を予定しています。

 

3.コンセプトと完成予想図

「元気カフェ」の設置にあたっては、白石区複合庁舎のあり方を検討してきた区民の方々と、基本コンセプトや運営方法等について意見交換を重ねてきました。

1.誰もが気軽に時間を過ごすことできるオープンな【まちのタマリ場】

2.複合庁舎内の機能や地域のコミュニティ活動と連携したイベントを展開する【まちの交流スペース】

3.施設内のイベントや地域活動の情報に何気なく出会うことができる【まちの情報スペース】

白石区複合庁舎カフェレイアウト

 

 

4.選定方法

事業の運営を希望する場合、事前に事業計画書等の関係書類を提出していただき、札幌市が設置する選定委員会にて、運営方法等の企画提案をしていただきます。提案内容の総合評価点に基づき、運営事業者を選定いたします(プロポーザル方式)。

対象事業者は、営利、非営利法人を問いません。


5.手続き方法およびスケジュール

以下、関係書類の内容を十分確認の上、「事業計画書」および必要な書類を添付し、札幌市保健福祉局障がい福祉課に提出してください。
提出期限は、平成28(2016)年7月29日(金曜日)です。【ただし、郵送の場合は、提出期限当日の消印有効】

なお、提出する関係書類は、原本1部及び副本(原本の写)6部を提出してください。

「元気カフェ」の概要(PDF:521KB)

運営事業者募集案内(PDF:169KB)

事業計画書(様式1-1~4)(エクセル:82KB)

札幌市障がい者協働事業運営費補助要綱(PDF:160KB)

関連リンク:札幌市障がい者協働事業のページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局障がい保健福祉部障がい福祉課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎3階 

電話番号:011-211-2936

ファクス番号:011-218-5181