ホーム > 防災・防犯・消防 > 消防・火災予防 > 火災予防 > 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けて(各事業者の皆様へ)

ここから本文です。

更新日:2020年5月28日

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けて(各事業者の皆様へ)

外国人来訪者等に配慮した災害対応について

2021年7月より「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」が開催され、札幌市においてもサッカー、マラソン、競歩の各競技が行われます。

開催期間中は、多くの外国人来訪者が市内の駅や競技場、旅館・ホテルを利用することが予想されることから、これらの施設において火災などが発生した場合には、日本語音声のみでは災害情報を十分に理解できないなどの事情に配慮した災害情報の伝達、避難誘導等が必要となります。

このことから、各施設においては、事前に情報伝達の多言語化や文字などによる視覚化など、利用者の様々な特性に応じた対策を検討することにより、自主防火体制に万全を期すことが重要です。

総務省消防庁では「外国人来訪者や障害者等が利用する施設における災害情報の伝達及び避難誘導に関するガイドライン」を策定し、外国人来訪者等に配慮した災害対応の推進を図っているところであり、札幌市においても、様々な機会を捉えて、各事業者の皆様へ対策の検討を呼び掛けているところです。

各事業者の皆様におかれましては、外国人来訪者等に配慮した災害対応について、以下のリーフレットを参考とし、ガイドラインに示す対応策の導入について御検討をお願いします。

ガイドラインに示す「フリップボード」とは、災害が発生したことや避難の方向などの情報を伝達するツールです。

災害発生時に備え、以下よりダウンロードしてご活用ください。(全6種類)

kasaiflip(火災発生の伝達(その1))fireflip(火災発生の伝達(その2))

hinannflip(避難誘導の伝達)evflip(エレベーター使用不能の伝達)

kegaflip(けがの確認)waitflip(待機の伝達)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市消防局予防部査察規制課

〒064-8586 札幌市中央区南4条西10丁目1003

電話番号:011-215-2050 

ファクス番号:011-281-8119