ここから本文です。

更新日:2013年6月7日

その他の火災の事例

火災は、「つい・うっかり」といったことで発生するものや、製品の使用方法を誤ったために起こるものなどさまざまです。

事例1:ストーブのスイッチが意図せず入り出火

ストーブのスイッチが意図せず入り出火

部屋を掃除した際に意図せずスイッチに触れ、タイマーがセットされた状況となった。掃除の際、布団をストーブに掛けていたが、そのまま外出したところ出火してしまい、共同住宅一室の一部を焼損してしまった。

防火のポイント

●ストーブ点火の有無に関わらず、燃えやすいものは周囲に置かない。
●外出する際は、必ず火の元を確認する。

事例2:ガステーブルの火が着衣に着火

ガステーブルの火が着衣に着火1)やかんに火をかけ、その後に換気扇の紐を引っ張ろうとしたとき、着ていたシャツが燃え出した。

2)液化石油ガステーブルの火力を最大にして炒め物をし、その際フライパンから落ちた炒め物を拾うため手をのばした時、ガステーブルの火が着衣に着火した。

防火のポイント

●着衣が火につかないように袖口やお腹のあたりは十分に注意する。
●防炎製品を着用する。
●ガステーブルのほか、ろうそく火による着衣着火事例もあるので、同様に注意する。

 

事例3:日光反射により出火(収れん火災)

日光反射による事例会社敷地内に放置されていた凹面鏡が、直射日光を受け、付近に置かれていたソファーに光が集中して発火し、火災となった。

防火のポイント

●日光が当たる場所にはレンズの役目をするような物(水の入ったペットボトル、金魚鉢など)を置かない。

このページについてのお問い合わせ

札幌市消防局予防部予防課

〒064-8586 札幌市中央区南4条西10丁目1003

電話番号:011-215-2040

ファクス番号:011-281-8119