ここから本文です。

更新日:2016年6月20日

トピックス

札幌市の火災予防分野におけるお知らせ、緊急に周知が必要な事柄、取組や報告を紹介します。

お知らせ(常時掲載) 

表示マークの交付を受けているホテル・旅館等を公表しています。

平成20年6月1日から設置が義務化されました。

平成26年8月1日から、催しで火気器具等を使用する場合には、消火器の準備が必要です。
消防法令上優良な建物の情報を公表する、新たな情報提供制度がスタートします!!

お問い合わせは、所轄消防署予防課まで

緊急広報 

 古くなった誘導灯は点検・交換を!

 

平成28年5月、市内の飲食店ビルにおいて、誘導灯から出火したことにより火災となった事案が発生しました。

今回火災となった誘導灯は、製造から約30年経過しており、出火原因は調査中ですが、誘導灯内に設置されている安定器の経年劣化によるものと推定されます。

yuudoutoukasai

出火当時は営業時間外だったこともあり、負傷者は発生しませんでしたが、時間帯によっては被害が拡大することも考えられます。

誘導灯の適正交換時期の目安は8~10年と言われています。万一の劣化によるトラブルを考慮して、早めの点検・交換をお勧めします。

誘導灯の劣化に関するリーフレット(リンク先:一般社団法人日本照明工業会)

消防署等を騙る(かたる)不審な電話に注意!

平成28年3月以降、市内において消防署等を名乗り「一人暮らしのお年寄りに防災グッズを無料で配布している」等の不審な電話連絡があったとの問い合わせが、消防局に6件相次いで寄せられています。

消防署や市民防災センター(札幌市防災協会)では、防災グッズを無料で配布しておりませんので、市民の皆さまが詐欺などの被害に合わないよう、注意を呼び掛けています。

詐欺等にあわないために、次のことに注意しましょう!!不審な電話

  • 消防署や防災センター等では、個別に防災グッズの配布や販売を行わないこと。
  • あやしいと思ったら、勇気を持ってきっぱりと断ること。
  • 契約書をよく読み、むやみにサインしないこと。
  • 相手が脅迫行為に出た場合には、速やかに警察に通報すること。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市消防局予防部予防課

〒064-8586 札幌市中央区南4条西10丁目1003

電話番号:011-215-2040

ファクス番号:011-281-8119