ホーム > 防災・防犯・消防 > 消防・火災予防 > 広報・イベント・講習会 > 子どもに対する防火・防災教育 > 災害時における活動支援教育事業「ジュニア防火防災スクール」

ここから本文です。

更新日:2017年2月27日

災害時における活動支援教育事業「ジュニア防火防災スクール」

はじめに

東日本大震災の教訓を踏まえ、心身ともに発達した中学生等が体験を通じ自助・共助の精神を学び、災害に直面した時に自らの身の安全を確保する能力「自らの生きる力」と、災害時の初期消火、負傷者の搬送や救命処置など、大人と同等の対応能力「大人を支援できる力」を高めるため、より「実践」を意識した体験型の活動支援教育を実施し、地域における防火・防災の担い手を育成することを目的としています。

授業内容

1 消火体験

火災被害の低減に有効である初期消火について、消火器の使い方やバケツリレーによる消火方法を学習します。 

 バケツリレー

 消火体験装置

2 煙の中からの避難体験

テント内や教室内をスモークマシンによる煙で充満させ、煙による視界の悪さ、避難の困難性を体感し、安全で迅速な避難方法を学習します。 

 避難体験

煙避難 

 3 防災資機材の取扱い、救出体験

自主防災組織に配置されている防災資機材の展示と取扱説明、また、これらの資機材を使用して、倒壊建物からの救出方法を学習します。

防災資機材

防災資機材による救出

4 負傷者の搬送体験

身の回りにあるものを使った担架の作成、徒手による負傷者の搬送方法について学習します。 

担架作成

徒手搬送

 5 けがの手当

出血時の止血や被覆、骨折時の固定方法など三角巾や身の回りにある物を使った手当について学習します。 

応急手当て指導

三角巾被覆

6 心肺蘇生法

訓練用マネキンを使用した人工呼吸、胸骨圧迫マッサージ、AEDの使用方法を学習します。

応急手当て展示

 胸骨圧迫

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市消防局予防部予防課

〒064-8586 札幌市中央区南4条西10丁目1003

電話番号:011-215-2040

ファクス番号:011-281-8119