ここから本文です。

更新日:2015年7月14日

さっぽろ救急サポーターとは

救急車が到着するまでの間、市民によるサポートが必要です。

救命効果の向上を目的に、応急手当のできる職員等が勤務し、かつ自主的にAEDを設置している施設等に対し、「ここに(AED)があります。」ということをステッカーにより表示して、付近を通りかかった市民の方が、救急車が到着するまでの間に速やかな応急手当を行っていただくための事業です。

速やかな応急手当の必要性

心筋梗塞などが原因で突然倒れたような場合には、心臓のリズムは、心室細動(心臓の筋肉が不規則にけいれんする状態)と言われる種類が多いことが知られています。

AED(自動体外式除細動器)はこのように心室細動に陥った心臓のリズムを自動的に調べて除細動(電気ショック)が必要かどうかを自動的に決定し、必要があれば除細動を行い、心臓のリズムを正常な状態に戻すことができる医療機器です。

心室細動の状態に陥った人に対して、早期に除細動を行わないと、生存して退院する率が1分ごとに7~10%低下し、5分では50%以下までに低下します。また心臓が停止すると4分以内に脳に障害が発生すると言われていますので、早期に人工呼吸や胸骨圧迫(心臓マッサージ)を行う必要があります。
つまり、救急車が到着するまでの間、AEDによる除細動と人工呼吸や胸骨圧迫(心臓マッサージ)などを含めた速やかな応急手当が救命のポイントとなります。

生存退院率グラフ

心室細動の時間経過による生存退院率

AED(自動体外式除細動器)の例

AED(自動体外式除細動器)の例

札幌市消防局では、このように生命に危険な状態に陥った市民の方に対して、速やかな応急手当を行える環境づくりとして、「さっぽろ救急サポーター事業」を推進しています。

多くの人が集まる施設(公共施設、観光施設、大規模物販店、スポーツ施設、集会場など)におかれましては、この事業の趣旨をご理解の上、「さっぽろ救急サポーター」に参画していただきますようご協力をお願いいたします。

AEDが設置され、応急手当ができる人がいるところは?

こちらのステッカーが目印です。詳しくは、お近くの消防署警防課へお問い合わせください。

参画施設の画像1

参画施設の画像2

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市消防局警防部救急課

〒064-8586 札幌市中央区南4条西10丁目1003

電話番号:011-215-2070

ファクス番号:011-271-0610