ここから本文です。

更新日:2017年4月11日

講習会の御案内

応急手当WEB講習 

 インターネットを利用して、御自宅などに居ながら、e-ラーニング(概ね1時間程度)により応急手当の目的、心肺蘇生法、AEDの使用方法を学ぶことができます。受講には、インターネット接続環境にあるパソコン、タブレット、スマートフォンが必要となります。(※事前のお申込みは不要です。)
 応急手当WEB講習の修了テストで80%以上正解すると、受講証(有効期限2か月)が発行され、下記に記載する公益財団法人札幌市防災協会(電話:011-861-1211)開催の救命ステップアップ講習(2時間)を受講することが可能となります。
 応急手当WEB講習受講や同講習の詳細事項につきましては、「応急手当WEB講習」を御覧ください。 

 

救命入門コース(45分)

 市内の各学校(小学校、中学校及び高等学校)及び町内会等の団体(10名以上)※)に所属する児童、生徒及び市民を対象に、短い時間でも胸骨圧迫(心臓マッサージ)や人工呼吸の方法、AED(自動対外式除細動器)の使用方法などの基礎的な実技指導を行う講習です。
 御準備いただいた会場に最寄りの消防署から指導員(講師)となる職員が出向し、講習を開催いたします。事前に会場となる区の消防署にお電話でお申込みの上、救命・養成講習受講申請書に必要事項を御記入いただき、御提出ください。
 救命講習受講申請書

※ 救命入門コース(45分)については、大学、専門学校及び企業等の団体からのお申込みを受け付けておりませんので、あらかじめ御了承ください。

  講習修了後には、受講証が交付され、下記に記載する公益財団法人札幌市防災協会(電話:011-861-1211)開催の救命ステップアップ講習(2時間)を受講することにより、更に深い知識・技術を習得することができます。

 

救命ステップアップ講習(2時間) 

  市内の各学校(小学校、中学校及び高等学校)及び町内会等の団体に所属する方(小学校5年生以上の年齢にある方)で、救命WEB講習又は消防署の実施する救命入門コースの修了者を対象※)に、2時間で胸骨圧迫(心臓マッサージ)や人工呼吸の方法、AED(自動対外式除細動器)の使用方法と交通事故などで出血している方に対する止血法の実技指導を行う講習です。
 開催日時については、毎月9の付く日のいずれかに、札幌市民防災センター4階講堂(白石区南郷通6北)で実施しています。お申込みは、公益財団法人札幌市防災協会(電話:011-861-1211)で随時受け付けています。

※ 講習受講には、救命WEB講習(有効期限2か月)又は各消防署で行う救命入門コース(有効期限1年)の期限内の受講証が必要となります。 

 

普通救命講習(1・2)

 市内に居住又は通勤・通学する方(小学校5年生以上の年齢にある方)を対象に、3時間又は4時間で胸骨圧迫(心臓マッサージ)や人工呼吸の方法、AED(自動対外式除細動器)の使用方法と交通事故などで出血している方に対する止血法の実技指導を行う講習です。

 普通救命講習1(3時間)については、基本的な応急手当と技術を修得するもので、普通救命講習2(4時間)については、業務の内容や活動領域の性質から一定頻度で心肺停止に遭遇する可能性の高い方(介護や福祉に携わる方)におすすめです。

 個人で受講の場合は、毎月9日・19日・29日(※12月29日を除く。)に、札幌市民防災センター4階講堂(白石区南郷通6北)で実施しています。お申込みは、公益財団法人札幌市防災協会(電話:011-861-1211)で随時受け付けています。
 団体(10名以上)でお申込みの場合は、御準備いただいた会場に指導員(講師)が出向し、講習を実施することもできます(※)。事前に、消防署又は公益財団法人札幌市防災協会(電話:011-861-1211)にお電話でお申込みの上、救命・養成講習受講申請書に必要事項を御記入いただき、御提出ください。
 救命講習受講申請書

※ 団体(10名以上)講習につきまして、平成29年10月1日以降の実施(同年7月1日以降の申込み)分から、各消防署からの指導員(講師)派遣は行いませんので、公益財団法人札幌市防災協会(電話:011-861-1211)にお問い合わせください。

 

普通救命講習3

 市内に居住又は通勤・通学する方(小学校5年生以上の年齢にある方)を対象に、3時間で乳幼児に対する胸骨圧迫(心臓マッサージ)や人工呼吸の方法、AED(自動対外式除細動器)の使用方法、出血している方に対する止血法の実技指導を行う講習です。 
 日常生活において乳幼児に接する機会がある方(両親や幼稚園教諭、保育士など)におすすめです。
 10名以上の団体でお申込みが可能で、御準備いただいた会場まで消防署から指導員が出向し、講習を開催いたします。事前に会場となる区の消防署にお電話でお申込みの上、救命・養成講習受講申請書に必要事項を御記入いただき、御提出ください。
 救命講習受講申請書

※ 平成29年10月1日以降の実施(同年7月1日以降の申込み)分から、各消防署からの指導員(講師)派遣は行いませんので、公益財団法人札幌市防災協会(電話:011-861-1211)にお問い合わせください。

 

応急手当普及員養成講習(24時間)

 普通救命講習の内容を他の方に指導するために必要なことを習得していただき、修了後は「応急手当普及員」として、所属する会社や団体などで、応急手当(普通救命講習)の指導ができます。
 市内に居住又は通勤・通学する18歳以上の方を対象に、3日間(1日8時間)で応急手当の指導ができる普及員を養成する講習です。開催する際には、日時、場所、お申込み方法などを「広報さっぽろ」でお知らせします。

 

応急手当普及員再講習(3時間)

 応急手当普及員の技能認定の継続を希望する方が受講する講習です。この講習を受講すると、3年間継続されます。
 お申込みは、お電話で公益財団法人札幌市防災協会(電話:011-861-1211)にお申込みください。

 

上記講習の他、公益財団法人札幌市防災協会(電話:011-861-1211)では、応急手当の知識や方法を習得できる様々な実技を含む講習会を実施しています。

各講習のお申込み(お問い合わせ先)

各講習のお申込みは、公益財団法人札幌市防災協会又は最寄りの消防署にお尋ねください。  

(公財)札幌市防災協会 白石区南郷通6丁目北
011-861-1211
(公財)札幌市防災協会のホームページ
中央消防署 中央区南4条西10丁目
011-215-2130
豊平消防署  豊平区月寒東1条8丁目
011-852-2100
北消防署 北区北24条西8丁目
011-737-2100
清田消防署 清田区平岡1条1丁目
011-883-2100
東消防署 東区北24条東17丁目
011-781-2100
南消防署 南区真駒内幸町1丁目
011-581-2100
白石消防署 白石区南郷通6丁目北
011-861-2100
西消防署 西区発寒10条4丁目
011-667-2100
厚別消防署 厚別区厚別中央1条5丁目
011-892-2100
手稲消防署 手稲区手稲本町2条5丁目
011-681-2100

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市消防局警防部救急課

〒064-8586 札幌市中央区南4条西10丁目1003

電話番号:011-215-2070

ファクス番号:011-271-0610