• ホーム
  • こんなときには
  • 暮らしの情報
  • お知らせ
  • 白石区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > しろいしニュース > 外国人観光客もしっかりと避難誘導~多言語対応避難訓練を実施

ここから本文です。

更新日:2019年4月16日

外国人観光客もしっかりと避難誘導~多言語対応避難訓練を実施

訓練の様子1

2019年4月16日

4月16日、アサヒビール工場とアサヒビール園(白石区南郷通4丁目南)で外国人観光客対応力向上避難訓練が行われました。
これは、近年増加する外国人観光客が災害に遭遇した際に、避難誘導をスムーズに行うことを目的として、白石消防署(田口康博消防署長)が、アサヒビール株式会社、アサヒフードクリエイト株式会社、株式会社アサヒビールコミュニケーションズと協力して実施したものです。
訓練に先立ち、白石消防署は、英語、中国語、ハングル、日本語の4カ国語の文字とピクトグラムを使用した避難誘導フリップボードを、札幌防火管理者協会と札幌危険物安全協会の協賛で作成しました。フリップボードを使用すれば、瞬時に災害発生を伝え、外国語に精通していない人でも適切な避難誘導をすることができます。
訓練は、火災発生を想定し、アサヒビール工場とアサヒビール園を利用する外国人の避難誘導を行いました。参加した従業員は、フリップボードを手に声を掛け合いながら、落ち着いた対応を心掛けて訓練に取り組んでいました。
避難訓練に続いて、消防署の職員や消防団員による放水訓練が披露されました。4カ国語で「火の用心」と書かれた懸垂幕が掲げられ、参加者たちは防火への意識を高めていました。
訓練の後には、田口署長から参加した各社へフリップボードが贈呈されました。

訓練の様子2

訓練の様子3

フリップボードを贈呈

このページについてのお問い合わせ

白石消防署警予防課
〒003-0023札幌市白石区南郷通6丁目北2-1
電話:011-861-2100