• ホーム
  • こんなときには
  • 暮らしの情報
  • お知らせ
  • 白石区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > しろいしニュース > 地域の防災力向上を目指して~白石区民協議会防災講演会を開催

ここから本文です。

更新日:2019年3月8日

地域の防災力向上を目指して~白石区民協議会防災講演会を開催

講演会の様子1

2019年3月8日

3月8日、白石区民センター(白石区南郷通1丁目南)で防災講演会が開催され、町内会役員など約150人が参加しました。
これは、大規模地震における住民行動のポイントや、地域の防災訓練への新たな参加者や担い手を確保する工夫を学ぶことを目的として、白石区民協議会(浅沼英樹会長)が主催して実施したものです。
講演会は、幅広い世代の方が楽しみながら防災の知識を身に付けられる「イザ!カエルキャラバン!」を開発した、NPO法人プラス・アーツの永田宏和理事長を講師に迎え、他都市の事例紹介を交えた防災訓練の工夫に関する講義が行われました。
「イザ!カエルキャラバン!」の紹介を受けた後、紙の食器作りを体験。作った紙の食器にフリーズドライの食品を入れて試食しました。参加者たちは「こういうものを用意しておけば、万が一のときも安心だ」と感心していました。続いて、12種類の非常用備蓄品を1分間で覚え、書き出すクイズゲームを実施。工夫次第で防災を楽しく学べることを体感していました。
永田理事長の「さまざまな組織が協力し、それぞれの強みを生かしましょう。みんなの訓練という意識を持つことが重要です」という助言を、参加者たちはメモを取るなどしながら熱心に聞き入っていました。
参加した菊水地区の男性は「工夫次第でまだまだ防災訓練は変わる余地があると感じました。学校などの協力を得られるよう働きかけていきたいです」と話していました。

講師の永田理事長

紙の食器作りの様子

クイズゲームの様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市白石区市民部地域振興課

〒003-8612 札幌市白石区南郷通1丁目南8-1

電話番号:011-861-2422

ファクス番号:011-861-2775