• ホーム
  • こんなときには
  • 暮らしの情報
  • お知らせ
  • 白石区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > しろいしニュース > 親子で学ぶ初めての手話~冬休み親子手話教室

ここから本文です。

更新日:2019年1月8日

親子で学ぶ初めての手話~冬休み親子手話教室

教室の様子1

2019年1月8日

1月8日、白石区民センター(白石区南郷通1丁目南)で、冬休み親子手話教室が開かれ、親子連れ9組21人が参加しました。
これは、聴覚障がいへの理解や手話の普及を目的として札幌市と公益社団法人札幌聴覚障害者協会が実施するミニ手話講座の一環として行われたものです。
この日は、同協会の若浜ひろ子さんを講師に、ジェスチャーゲームやクイズなどを交えて手話を体験しました。「手話にも方言があるか」や「ろう学校には手話の授業があるか」などの○×クイズに挑戦したり、日常の挨拶、簡単な会話などを教わったりして、参加者たちは楽しく手話を学びました。
若浜さんが「耳の不自由な人にとって、手話はコミュニケーションをするための大切な言語です。伝え合う気持ちを大切にしましょう」と話すと、参加した親子は笑顔でうなずき合っていました。
参加した小学5年の男の子は「前から手話に興味があって、お母さんと勉強したいと思っていたので講座に参加しました。手話を日常で使えるととても良いと思います。教わったあいさつを使ってみたいです」と目を輝かせて話していました。

教室の様子2

教室の様子3

教室の様子4

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局障がい保健福祉部障がい福祉課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎3階

電話番号:011-211-2936

ファクス番号:011-218-5181

公益社団法人札幌聴覚障害者協会
〒060-0042札幌市中央区大通西19丁目1-358札幌市視聴覚障がい者情報センター」2階
電話番号:011-642-8010
ファクス番号:011-642-8377