• ホーム
  • こんなときには
  • 暮らしの情報
  • お知らせ
  • 白石区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > しろいしニュース > みんなで走って地域交流~第25回白石こころーどふれあいマラソン

ここから本文です。

更新日:2017年9月24日

みんなで走って地域交流~第25回白石こころーどふれあいマラソン

中学生がスタートする様子

2017年9月24日

9月24日、白石こころーどで、第25回白石こころーどふれあいマラソンが開催され、4歳から83歳までの区民792人が出場しました。
この大会は、白石区と同大会実施委員会(坪田敏男委員長)が、区民相互の交流を促すとともに、健康づくりに役立ててもらおうと毎年開催しているものです。男女別の一般10キロ、一般5キロ、中学生3キロ、小学生(小学4年以上)3キロのほか、子ども(小学3年以下)とその保護者が二人一組で出場する親子ペア2キロの計9種目が設けられました。
開会式では、大会長の蔀研治(しとみ・けんじ)白石区長と白石区町内連合会連絡協議会の関紘一会長が出場者に激励の言葉を送った後、出場選手を代表して井口亜由さん、舞莉亜ちゃん親子が「明るく楽しく走り抜くことを誓います」と息の合った選手宣誓を行いました。
その後、出場者は号砲とともに一斉にスタート。「がんばれ!」「あとちょっとだよ」など家族や仲間の声援や拍手に励まされながら、ゴールとなる万生公園(白石区南郷通8丁目南)を目指して力走しました。走り終えた参加者は、お互いの健闘をたたえあっていました。
また、大会協賛のエーザイ株式会社(東京都文京区、内藤晴夫代表執行役CEO)、北海道コカ・コーラボトリング株式会社(清田区清田1条1丁目、佐々木康行代表取締役社長)、株式会社わらく堂(白石区栄通7丁目、関根健右代表取締役社長)から、参加者に飲料やスイーツなどが提供されたほか、同じく協賛の南郷ダイエットクラブ(白石区南郷通3丁目北、原田てる美代表)により、会場内の「体力・健康チェックコーナー」で、体脂肪チェックが実施されました。
会場内にはほかにも、こまなどができる「昔遊びコーナー」や白石区のマスコットキャラクター「しろっぴー」と写真撮影ができるコーナーが設けられ、参加者のみならず応援にきた家族も一緒になって楽しんでいました。

親子ペアがゴールする様子

選手宣誓の様子

一般の部が走り出す様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市白石区市民部地域振興課

〒003-8612 札幌市白石区南郷通1丁目南8-1

電話番号:011-861-2422

ファクス番号:011-861-2775