• ホーム
  • こんなときには
  • 暮らしの情報
  • お知らせ
  • 白石区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > しろいしニュース > 白石こころーどにタイルアート壁画が完成

ここから本文です。

更新日:2017年9月11日

白石こころーどにタイルアート壁画が完成

完成式の様子

2017年9月11日

9月11日、白石こころーど・南南郷トンネル(白石区栄通1丁目)で、地域住民らが制作したモザイクタイルアート壁画の完成式が行われ、制作に携わった地域住民など約30人が参加しました。
これは、暗いイメージのあるトンネルを明るく夢のある芸術空間に変え、白石こころーどに親しみを持ってもらうことを目的に、地域住民と白石区が協働で制作しているもので、今回で16カ所目です。
この地区では、白石地区連合町内会と白石地区ネットワーク協議会(いずれも浅沼英樹会長)が主催し、制作には近隣の小学生や地域住民など延べ200人が参加しました。制作期間は9月4日から10日までの7日間。高さ2.2メートル、幅約9メートルの作品となります。
壁画の図案は、地域住民によるワークショップでの意見を基に、江別市在住の彫刻家・原田ミドーさんがデザイン。白石地区にある4カ所のトンネルの壁面に過去から未来の風景を描く予定で、今回は過去の風景として、山や川などの大自然を表現しました。
完成式では、連合町内会の米山一政副会長が「多くの方が協力してくれたおかげですばらしい作品が完成しました。白石こころーどがより良い空間になるようこれからも協力していきましょう」と笑顔で話したあと、制作指導も担当した原田さんに感謝の花束が贈呈されました。

花束贈呈の様子

記念撮影

完成したタイルアート作品

このページについてのお問い合わせ

札幌市白石区市民部地域振興課

〒003-8612 札幌市白石区南郷通1丁目南8-1

電話番号:011-861-2422

ファクス番号:011-861-2775