• ホーム
  • こんなときには
  • 暮らしの情報
  • お知らせ
  • 白石区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > しろいしニュース > 第2回目白石区複合庁舎駅チカにぎわいイベントを開催

ここから本文です。

更新日:2017年9月1日

第2回目白石区複合庁舎駅チカにぎわいイベントを開催

読み聞かせコンサートの様子

2017年9月1日

9月1日、白石区複合庁舎(白石区南郷通1丁目南)で、第2回白石区複合庁舎駅チカにぎわいイベント『親子でたのしもう。「あそび」ってやっぱりおもしろい!』が開催され、区民約250人が集まりました。
イベントでは、複合庁舎5階の区民ホールで『絵本名作とピアノで奏でる読み聞かせコンサート「おととえほんのおくりもの」』と『リトミックコンサート』が実施され、地下2階のイベント広場でペーパークラフトなどのワークショップが行われました。
読み聞かせコンサートでは、「おつきさまこんばんは」という絵本に合わせ、「月の光」がピアノで演奏されるなど、10以上の絵本が読まれ、それぞれの絵本に合わせた曲や効果音の演奏により幻想的な読み聞かせが行われました。
リトミックコンサートでは、ピアノ・フルート・チェロ・打楽器の楽器紹介が行われた後「Let it go」や「小さな世界」など9曲が披露されました。演奏後には、打楽器奏者が「太鼓をたたいてみてもいいよ」と子どもたちに呼び掛け、子どもたちは太鼓やシンバルをたたき、喜んでいました。
また、コンサート会場には、木のプールなどおもちゃで遊べるスペースと絵本の紹介コーナーも設けられており、子どもたちはコンサートを楽しみながらおもちゃで遊ぶこともできました。読み聞かせコンサートに来ていた白石区在住の女性は「ピアノの優しい音色と絵本がぴったり合っていて、子どもがとても楽しそうに聞いていました。それに、遊ぶスペースもあって子どもが飽きずに楽しめています」と笑顔で話していました。
ワークショップでは、木製の動物型マグネットに自分で絵を描けるコーナーやきれいな柄のペーパーナプキンをせっけんとホタテの貝殻などに貼り付け、オリジナルのせっけん置きが作れる体験コーナーが設けられ、訪れた方たちは、思い思いに作品作りを楽しんでいました。

リトミックコンサートの様子

遊べるスペースの様子

ワークショップの作品

このページについてのお問い合わせ

札幌市白石区市民部地域振興課

〒003-8612 札幌市白石区南郷通1丁目南8-1

電話番号:011-861-2422

ファクス番号:011-861-2775