• ホーム
  • こんなときには
  • 暮らしの情報
  • お知らせ
  • 白石区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > しろいしニュース > 白石小学校ミニ児童会館の児童がタマネギの皮染め体験

ここから本文です。

更新日:2017年8月23日

白石小学校ミニ児童会館の児童がタマネギの皮染め体験

タマネギの皮染め体験の様子1

2017年8月23日

8月23日、白石小学校ミニ児童会館(高橋誠館長)で、1年生から4年生の児童16人が、タマネギの皮で巾着を染める体験を行いました。
これは、子どもたちにさまざまな体験をしてもらおうと、同館が企画するミニミニ工房のプログラム。輪ゴムで縛った巾着を、タマネギの皮を煮出した汁で煮て染め上げるもので、輪ゴムを縛った部分は染まらずに模様になります。
児童たちは、白い巾着を輪ゴムで思い思いに縛り、模様を作成。作業をしながら「しましま模様になるかな」「ひもも縛ってみようかな」などと話していました。
その後、ミョウバンの水溶液に漬けて色を固定。水溶液に入れた途端に色が鮮やかになるのを見て、歓声を上げていました。
弟と共に参加した小学3年の山沢怜央(やまさわ・れお)くんは「輪ゴムで斜めに縛るのが難しかったです。ミョウバンの液に漬けたら布が茶色からきれいな黄色に変わるのが面白かったです」と満足げな笑顔で話していました。

タマネギの皮染め体験の様子2

タマネギの皮染め体験の様子3

完成した巾着を手にポーズ

このページについてのお問い合わせ

白石小学校ミニ児童会館
〒003-0027札幌市白石区本通1丁目北
電話番号:011-860-3931