• ホーム
  • こんなときには
  • 暮らしの情報
  • お知らせ
  • 白石区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > まちづくり > 白石区まちづくりビジョン

ここから本文です。

更新日:2012年11月1日

白石区まちづくりビジョン

まちづくりビジョンとは

高齢化や少子化などの時代の変化に対応していくため、住民、市民団体、企業商店街、学校、研究機関、行政等、まちにかかわるすべての人たちが共有する約20年先(2020年 平成32年)の白石区の将来像とまちづくりの方向性を示すものです。「パートナーシップによるまちづくり」を進めていくために、区内外の関係者や関係機関に協力を働きかけていくときの指針となり、身近な取り組み課題も示しています。

まちづくりビジョンの基本理念

◆自立と共生

だれもが「自立」した生活ができ、お互いの存在を認めて支えあっていく「共生」という視点が重要です。

◆共感と協働

みんなが「共感」できる目標をもち、ともに知恵や力を出しあう、「協働」によるまちづくりが必要です。

◆交流と創造

人・モノ・情報の「交流」によってまちの活力を高め、そこに生まれる出会いやコミュニケーションから新しいビジネスチャンスや地域文化を「創造」していくことが重要です。

白石区の将来像

「区民が主役の表情豊かなまち」

まちの顔をつくっていくのは、そのまちに生活する人です。白石がたくさんの可能性を区内外との交流を通して育てあげ、表情が豊かなまちを目指します。

「心かよいあうコミュニティを創造するまち」

まちづくりにみんなが参加していく仕組みをつくり、白石のまちを愛する人たちや思いやりあふれる子どもたちを育む心かよいあうコミュニティのあるまちを目指します。

7つの基本目標

1 まちづくりの主人公として区民が活躍できるまち

区民の活動・交流を促進し、その人材づくりを行います。また、区民の声が生きるきめ細かいまちづくりを進めます。

2 歴史文化の継承と新たなふるさと文化の育つまち

歴史文化を継承し、伝統文化・行事を育むまちづくりを進めます。

3 みんなが健康で住みやすいやすらぎのあるまち

地域社会で支えあうまちづくりや誰にもやさしい環境づくり、健康で楽しく暮らすための場や機会づくりを進めます。

4 みんなでつくる安全で安心なまち

安全で快適、そして身近な環境改善を実践するモラルの高いまちづくりを進めます。

5 地域の個性を活かし環境と調和したまち

水と緑のネットワークづくりや区の花「バラ」を活かしたまちづくり、地域の特性活かした発展性のあるまちづくりを進めます。

6 身近で利便性の高い交通ネットワークのあるまち

交通を円滑化する道路環境の改善や公共交通を重視した交通ネットワークづくり、歩行者や自転車を重視した道路環境づくりを進めます。

7 地域資源を活かした産業が発展するまち

地域資源を活かした産業振興や活気ある商店街づくりを進めます。

このページについてのお問い合わせ

札幌市白石区市民部総務企画課

〒003-8612 札幌市白石区南郷通1丁目南8-1

電話番号:011-861-2405

ファクス番号:011-861-2586