ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉・介護 > 障がい福祉 > サービスを利用するみなさまへ > 専門機関・相談先 > 視聴覚障がい者情報センター > 視覚に障がいのある方のために > 札幌市視聴覚障がい者情報センター一般開放&カルチャーナイト2015(7月17日開催)について

ここから本文です。

更新日:2015年7月14日

札幌市視聴覚障がい者情報センター一般開放&カルチャーナイト2015(7月17日開催)について

札幌市視聴覚障がい者情報センターは、視覚に障がいのある方、聴覚に障がいのある方への支援を行っている施設です。
7月17日(金曜日)午後2時から一般開放。障がいについて理解を深めていただくためのコーナーやボランティア活動を紹介します。
今年はスタンプラリーで回る体験・実演コーナーをはじめ、、暗闇の中を五感を研ぎ澄まして体験する「暗闇体験」、「手話でも語る「朗読会」」などの企画を用意しています。
体験はすべて無料です。ぜひ、お気軽に足をお運びください。

テーマ:「見えること・聞こえることの再発見!!―そして、こんなボランティアカルチャーナイト2015公式キャラクター

日時

平成27年7月17日(金曜日)14時00分~20時00分

会場

札幌市視聴覚障がい者情報センター

(中央区大通西19丁目地下鉄東西線西18丁目駅1番出口徒歩5分、札幌市医師会館の北隣り)

主な内容

  • 体験・実演コーナー スタンプラリーを楽しみながらいろいろ体験!
    手引き・弱視体験、点字図書製作体験、録音スタジオで収録体験、大きな文字の拡大図書に挑戦、手話・字幕入りビデオ映像コーナーで手話体験、盲ろう者コーナー
  • 手話講座の自由見学(18時00分~20時00分)
    「札幌市手話講師育成講座」を会場後方より見学できます
  • 特別企画1 手話でも語る「朗読会」
    どなたでも楽しめる「朗読会」
    音訳ボランティアの方と手話サークルで活動するボランティアの方の競演です
    1回目16時00分~、2回目18時30分~、全2回
  • 特別企画2 暗闇体験
    日常にはまず存在しない真っ暗闇の世界。その体験は五感を研ぎ澄まし、見過ごしていた感覚に気づきます
    驚きの中に、素直な自分と、素直なコミュニケーションを感じるはず!
    ※1回20分程度、1回あたりの入場人数は4名程度です
    暗闇体験に入場するためには、体験・実演コーナーのスタンプを2個集めることが必要です。2個以上集まった方は、「1階体験コーナー受付」にお越しください。
    ※事前に説明を受けていただき、危険等があると考えられる場合は、体験を控えていただく場合があります 

詳しい内容につきましては、開催案内チラシ(PDF:970KB)をあわせてご覧ください

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局障がい保健福祉部視聴覚障がい者情報センター

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目1

電話番号:011-631-6747

ファクス番号:011-631-6751