ここから本文です。

更新日:2016年10月3日

視聴覚障がい者情報センターからのお知らせです

カルチャーナイト2015に参加しました

札幌市視聴覚障がい者情報センターでは、7月17日(金曜日)に「見えること・聞こえることの再発見!!~そしてこんなボランティア」をテーマに施設を一般開放、カルチャーナイト2015に参加しました。
たくさんのみなさまにご来場をいただき、ありがとうございました。カルチャーナイト2015公式キャラクター

デイジー版月刊誌「ESSE(エッセ)」の取り扱いについて

視覚に障がいのある方を対象に希望者へ配付している月刊誌「ESSE(エッセ)」のデイジー版は、平成25年4月号より返却不要になります。これまでは聞き終わった後に返却をお願いしていましたが、返却の必要がなくなります。
新規の利用希望や、ご不明な点などがありましたら、札幌市視聴覚障がい者情報センターまでお問い合わせください。

「声のさっぽろ」カセットテープ版の製作を終了します

札幌市視聴覚障がい者情報センターでは、札幌市の市政情報や点字図書、録音図書の新刊図書案内などを紹介した広報「声のさっぽろ」を毎月発行しています。
「声のさっぽろ」につきまして、全市版・区版ともカセットテープによる提供を平成24年(2012年)12月で終了いたします。平成25年1月からはデイジー版(CD版)での提供となります。これは、カセットテープを製作する録音機材が老朽化してきたことによる代替機の入手が困難であること、また、カセットテープの入手も困難になってきたためです。現在カセットテープ版をご利用の方は、お早目にデイジー(CD)版への変更手続きをお願いいたします。当センター(電話631-6747)にご連絡ください。
デイジー(CD)版では、これまでのカセットテープ版の「全市版」と「各区版」が1枚のデイジー(CD)に収録されています。

なお、デイジー(CD)版を聞くためには、専用のプレイヤーが必要となります。身体障害者手帳1・2級をお持ちの方は、日常生活用具の給付対象となります。また、3から6級の方は給付対象とはなりませんが、当センターで貸出用が数台ありますのでご相談ください。
これからデイジー(CD)を利用される方で、再生機等の購入、操作方法、貸出しについてご相談のある方は、お気軽に札幌市視聴覚障がい者情報センターまでお問い合わせください。

福祉用具・情報支援機器体験コーナーを開設しました

・利用できる方
視覚障がい者、視覚障がいに関心のある方。個人でもグループでも利用できます

・利用の方法
事前に当センター(電話631-6747)にお申込みください(日時・人数・氏名・連絡など)

・コーナー開室時間
月曜日から金曜日10時から16時。土曜、日曜、祝日、年末年始はお休みです
また、臨時に閉室となる時間帯もありますので、事前にお問い合わせください

・利用料
無料

・体験利用できる用具・機器
体験利用できる用具と機器は、視覚障害者用ポータブルレコーダー、拡大読書器、盲人用時計、点字タイプライターなどです
詳しくは、体験できる用具・機器についてをご覧ください。(PDF:161KB)


2011年9月13日更新

札幌市視聴覚障がい者情報センターのボランティア活動について

当センターで視覚障がい者のために活動する5つのボランティア団体についてご紹介します。
札幌市視聴覚障がい者情報センターのボランティア活動について。


 

2007年9月6日更新

札幌市視聴覚障がい者情報センターホームページを開設しました。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局障がい保健福祉部視聴覚障がい者情報センター

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目1

電話番号:011-631-6747

ファクス番号:011-631-6751