ここから本文です。

更新日:2019年5月13日

さぽーとほっと基金の助成金の交付が決定した団体様へ

【重要】札幌市さぽーとほっと基金の助成事業実施に関わる注意点について

1お届けする書類

 □ 札幌市市民まちづくり活動促進助成金交付決定通知書(各団体様に紙で送付します)

助成金の受取に関する書類(以下4で説明)

□ 市民まちづくり活動促進助成金に係る請求書の記入について(ワード:40KB)

□ 様式1補助金(市民まちづくり活動促進助成金)請求書(ワード:32KB)(代表者名義の口座であれば様式1のみ)

□ 様式2口座振込申出書(ワード:31KB)

□ 様式3委任状(ワード:30KB)

□ 記入例 補助金(市民まちづくり活動促進助成金)請求書(ワード:37KB)

 

事業終了後に関する書類(以下5で説明)

□ 様式8事業実績報告書(ワード:68KB)

□ 様式9事業報告書(ワード:66KB)

□ 様式10収支決算書(エクセル:39KB)

□ 様式11現金出納帳(エクセル:43KB)

□ 上記様式8~10の記入例・注意点(PDF:311KB)

□ 概算金精算書 (概算払の場合)(ワード:32KB)

□ 概算金精算書 記入方法(ワード:35KB)

□ 領収書記載に関するよくある質問(PDF:105KB)

 □ 様式一式(ワード・エクセルファイル)(ZIP:121KB)  

※参考にさぽーとほっと基金 かんたんガイドのページもご覧ください。

2書類が届いたら

□ このページ(【重要】札幌市さぽーとほっと基金の助成事業実施に関わる注意点について)を読む

□ 届いた書類を確認する

□ 通知書の助成金額を確認する

 

3事業の準備~実施

□ 様式11現金出納帳(エクセル:43KB)を整え、領収書を保管する

(請求書だけではなく、実際に払ったことがわかる証明書が必要)

□ 活動の記録をする(写真、アンケートなど)

□ 「札幌市さぽーとほっと基金助成事業」であることを、

ロゴマーク(ZIP:133KB)札幌市さぽーとほっと基金助成事業ロゴマークを使い、チラシやHP等で周知する

□ 寄付者の連絡先がわかる場合、寄付者に感謝の気持ちを伝える

 

 4助成金の受取(概算払または精算払)

□ 市民まちづくり活動促進助成金に係る請求書の記入について(ワード:40KB)をお読みください

提出物

□ 様式1補助金(市民まちづくり活動促進助成金)請求書(ワード:32KB)(代表者名義の口座であれば様式1のみ)

□ 様式2口座振込申出書(ワード:31KB)

□ 様式3委任状(ワード:30KB)

 

期限

□ 概算払

 事業が終了する前に請求していただき、助成金を交付します。

□ 精算払

 事業終了後、事業報告書をご提出いただき助成金を確定した後、助成金を交付します

(3月に終了する事業については、お早めにご提出ください)。

※ いずれも請求書のご提出を受けてから約1か月後に助成金を振り込む予定です。

 

 5事業終了後

□ 申請時の事業計画書を今一度確認してください。計画時の目的・事業内容・期待される効果を振り返った上で、事業報告書を提出してください。

提出物

□ 様式8事業実績報告書(ワード:68KB)(代表者の印または代表者の私印を押印)

□ 様式9事業報告書(ワード:66KB)

□ 様式10収支決算書(エクセル:39KB)

□ 様式11現金出納帳(エクセル:43KB)(収支決算書を補完するものとして提出)

※提出前に、上記様式8~10の記入例・注意点(PDF:311KB)をご確認ください。

□ 領収書の写し(領収書がないものは、請求書だけではなく、実際に支払を証明できるよう通帳の写し等も合わせて提出。また、複写の際には、日付、金額、但書等が鮮明に見えるように注意。)

※領収書に不備がありますと助成対象経費として計上できない場合もありますので、領収書記載に関するよくある質問(PDF:105KB)を確認し、不明な点がありましたら領収書を発行する前に担当課までご相談ください。

□ 事業の経過や成果を証明する書類(チラシ、パンフレット、写真など)

※ 助成事業の経理に関する書類、現金出納帳等は、事業終了後5年間保存してください。

事業終了後、事業の実施状況及び経理状況について、団体の事務所等において、実地調査を実施する場合があります。

□ 概算金精算書(ワード:32KB)(概算払の場合提出)

 

期限

□ 助成事業終了後1か月以内(3月に終了する事業については、3月31日まで)

※ 書類に記載する住所・代表者名・代表者印・事業名は、申請時の書類と同一の表記となるようご注意ください(住所等が変更になった場合は変更届が必要です)。

 

6その他の注意点

(1)助成事業の変更

 助成金の交付決定を受けた団体が、やむを得ない理由により、事業内容の変更、事業の中止・廃止又は遅延などが起こることが見込まれる場合、あらかじめ札幌市に申請して承認を受ける必要があります。これらのことが予想されたときは、できるだけ速やかに担当課にご相談ください。なお、上述の申請があった場合、助成金の一部又は全部を返還していただくことがあります。

(2)助成金の減額

 事業実施の結果、支出した助成対象経費が当初の予定額を下回った場合(テーマ・分野指定助成については、{助成対象経費×1/2<助成額}となった場合、団体指定助成については、{助成対象経費<助成額}となった場合)や、事業に係る収入が予想以上にあった場合などには、精算時に助成金を減額し、一部返還の対象となりますので、ご注意ください。

(3)助成金の交付取消と返還

次のいずれかに該当すると認められるとき、交付を取消し、返還をしていただく場合がありますので、ご注意ください。

 ア 虚偽、その他不正な手段により助成金の交付を受けたとき

 イ 助成金を他の用途に使用したとき

 ウ 団体登録要件がなくなったとき

 エ 交付した助成金に余剰金が生じたとき

 オ 助成金の交付決定の内容又はこれに付した条件に違反したとき

 カ 助成事業を変更、中止又は廃止したとき、若しくは、助成事業が予定期間内に完了しないとき

 キ 助成対象事業が札幌市の他の助成を受けていたことが判明したとき

 ク その他札幌市が定める要綱等に違反したとき

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局市民自治推進室市民活動促進担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎13階

電話番号:011-211-2964

ファクス番号:011-218-5156