ここから本文です。

更新日:2015年8月12日

戸籍の附票とは

その戸籍が作られた時点からの住所を記載したもので、本籍のある市区町村で保管しています。
住所の履歴を確認できる場合があるため、車の名義変更などに利用することがあります。

戸籍の附票の記載事項

戸籍の附票に記載される主な事項は以下のとおりです。

  • 氏名
  • 住所(戸籍が作られた時点の住所から記載)
  • 住所を定めた日

戸籍の附票の見本(PDF:50KB)

戸籍の附票を請求する場合の注意事項

過去の住所を証明する必要がある場合は、通常の「戸籍の附票」だけではなく、「除附票」や「改製除附票」を請求しなければならないことがあります。

請求の際には、請求書に

  • 「○○市○条○丁目」の記載があるものが必要
  • 「○○市○条○丁目から△△町□番地」までの住所の遍歴がわかるものが必要

などと具体的に記載してください。
また、「除附票」や「改製除附票」も必要となった場合は、その分の手数料も別途必要となります。

※除附票や改製除附票となったものは、5年以上経過していると発行できません。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。