ここから本文です。

更新日:2019年9月17日

子どもの安全

近年、子どもを取り巻く環境の悪化が目立ってきています。子どもへのいたずらや暴行・虐待、連れ去りや誘拐など、子どもが被害者となる事案が多発している一方で、万引きや自転車盗、ひったくり、薬物乱用など、子どもが罪を犯す側になってしまう事件も広がってきています。

事案発生数の推移

札幌市内において小・中学生を狙った事案は、平成17年度以降減少傾向にありましたが、平成23年度以降は増減を繰り返しており、平成30年度は577件の事案が発生し、前年度との比較では4件の減少となっています。

統計資料

※札幌市内の小・中学校で把握した年度別の不審者情報(札幌市子ども未来局調べ)

行為別内訳

平成30年度に発生した577件を行為別にみてみますと、声かけが191件、つきまといが152件、露出が88件、その他が54件、盗撮が42件、痴漢が24件、暴力が17件、連れ去りが6件、車への引き込みが3件の順となっています。

 行為別資料

時間別内訳

平成30年度に発生した事案を発生時間別に見てみますと、登下校の時間帯に発生件数が多くなっており、特に下校時間帯である14~18時に多発しています。

 時間別資料

被害に遭わないために

 

北海道警察からのお知らせ

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局地域振興部区政課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎13階

電話番号:011-211-2252

ファクス番号:011-218-5156