ここから本文です。

更新日:2013年3月8日

テーマ&メッセージを発表しました

English 

平成24年12月17日、日本外国特派員協会(東京)にてゲストディレクターである坂本龍一氏と上田文雄札幌市長が記者会見を行い、坂本龍一氏から札幌国際芸術祭2014の開催テーマ&メッセージの発表と主なスタッフの紹介がされました。

東京記者会見

坂本龍一ゲストディレクターと上田文雄札幌市長の記者会見の様子

《テーマ》
「都市と自然」

《サブテーマ》
「自然」「都市」「経済・地域・ライフ」

明治維新とともに北海道と名づけられたこの土地は、
まさに日本の近代化を担ってきた象徴ともいえる。
先住民族や自然そのものもその近代化に無縁ではいられなかった。
そうした過去の歩みをアートとしてふりかえることで、
21世紀の札幌・北海道の自然、都市のあり方、経済、暮らしを模索する(社会彫刻)。

各テーマを生かした先進的な作品を、ふさわしい場所に展示。

 


《場 所》

北海道立近代美術館、札幌芸術の森美術館をメイン会場としつつ、歴史の証言として北海道庁赤レンガ庁舎や、北海道の科学の集積地である北海道大学、モエレ沼公園、さらには公共空間として札幌市内地下鉄駅・札幌駅前通地下歩行空間、などとも連携したい。また暮らしに密着したアートを商店街や各地区と協力して展開していきたい。域外広域地域連携としては、白老町のアイヌ民族博物館、夕張市石炭博物館や、公共空間としての新千歳空港、メディアアーツの分野で山口市などとも協力していきたい。


《他のリソース》

既に札幌に根付いている、PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)、 札幌国際短編映画祭、大通公園での各種フードフェスティバルなどとの連携

 

 

 《ゲストディレクター 坂本龍一氏からの提案(希望)》

 

1.

一過性のものでなく、たとえば北海道庁赤レンガ庁舎や札幌市資料館などのような歴史的建造物を、市民に開放されたアートセンターとして活用するためのコンペを提案したい。

2.

同様に、日本の近代化のエネルギー政策の一旦を担ってきた炭坑跡、例えば夕張に残る施設を補修し、アート作品として残せたら素晴らしい。是非アンゼルム・キーファーに打診したい。

3.

例えば「エネルギーとアート」や「都市農業とアート」などといった切り口は、簡単に答えが出ることではなく、アーティストと市民が協力してワークショップなどをしながら模索していくべき問題。そのような持続的なプロジェクトができるような体制、「1.」のようなアートセンターをもつことが望ましい。

4.

記念すべき札幌国際芸術祭(札幌トリエンナーレ)の立ち上げを象徴する、持続的なものとして植林を提案したい。まさに木は50年、100年という長い生命をもつもの。札幌・北海道の末永い繁栄を祈念したい。

5.

音を専門にする者として、常々都市空間における音環境には問題意識をもっていた。トリエンナーレを記念するものとして、公共空間における音の調査、整備を行いたい。日本の都市は雑音が規制されずに垂れ流されており、非常に問題。

スタッフ紹介

企画アドバイザー

浅田 彰 氏 <京都造形芸術大学大学院長>

企画スタッフ

アソシエイト・キュレーター

飯田 志保子 氏<インディペンデント・キュレーター>

地域ディレクター

端 聡 氏<美術家/アートディレクター>

チーフプロジェクトマネージャー

小田井 真美 氏<AIRプロデューサー / アートディレクタ->

プロジェクトマネージャー

漆 崇博 氏<AISプランニング代表 /アートコーディネーター>
カジタ シノブ 氏<インディペンデント・プロデューサー> 

記者会見配布資料

テーマ&メッセージ(PDF:138KB)

プロフィール(PDF:193KB) 

基本構想・ゲストディレクターについて(PDF:312KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局国際芸術祭担当部国際芸術祭担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎7階

電話番号:011-211-2314  内線:2314

ファクス番号:011-218-5154