ここから本文です。

更新日:2016年3月22日

演劇創造活動支援事業(補助金)

演劇創造活動支援事業(補助金)は、優れた演劇作品を創造する劇団を支援し、創造活動及び公演活動を促進するとともに、札幌で創造される演劇の更なるレベルアップと演劇関係者の自立性を高めることを目的としています。

意欲的で活発な活動を行い、次のステップを目指す「札幌の演劇界の次代を担いうる将来性のある劇団」を対象に、劇団が創造活動拠点として稽古場及び劇場を借り受けた場合、予算の範囲内で賃借料、会場使用料等の一部を一定期間補助するものです。

 事業の廃止について(※平成27年度まで)

本事業は、平成27年度をもって廃止いたします。
平成28年度以降の募集は行いませんので、ご了承ください。 

 平成27年度の演劇創造活動支援事業について

補助金交付団体の公演情報

~各補助金交付団体の公演情報を、各補助金交付団体からの情報提供に基づき掲載します。~

現在公演情報はございません。 

補助金交付団体の決定について

平成27年3月10日に開催された「演劇創造活動支援事業補助金選考委員会」の選考結果に基づき、各内定団体から補助金の交付申請を受付け、平成27年度の補助金交付団体を次のとおり決定いたしました。(補助対象期間は平成27年4月1日から平成28年3月31日まで。)

1.平成27年度の補助金交付団体、ホームページアドレス、活動予定・目標等

団体名 ホームページアドレス 活動予定・目標等
劇団アトリエ http://gekidanatelier.web.fc2.com/ 活動予定・目標等(PDF:42KB)
劇団風の子北海道

http://www.remus.dti.ne.jp/~kazenoko

活動予定・目標等(PDF:28KB)
劇団清水企画 http://gekidan-shimizukikaku.com/ 活動予定・目標等(PDF:22KB)
座・れら http://facebook.com/za.rela09/ 活動予定・目標等(PDF:21KB)
PaingSoe<パインソー>

http://paingsoe.com/

活動予定・目標等(PDF:20KB)

※「活動予定・目標等」は、各団体から札幌市に対して提出された書類をもとに札幌市が作成したもので、平成27年4月現在の内容となっております。

2.平成27年度演劇創造活動支援事業補助金選考委員会の選考結果

平成27年度の演劇創造活動支援事業補助金選考委員会の開催について

 平成27年度の補助金交付要望書の受付は終了しました。選考委員会は次のとおり開催します。

<平成27年度演劇創造活動支援事業補助金選考委員会>
◯開催日時
 平成27年3月10日(火)15:00から
◯開催場所
 札幌市役所本庁舎8階1号会議室
◯審議内容
 選考委員会の委員長及び副委員長の選出
 補助金交付団体の選考
 選考結果報告
 その他
◯選考委員会、選考結果等の公開・非公開について
 選考委員会は非公開とする(札幌市情報公開条例第7条第5号オに該当)。
 選考結果は、ホームページで公開する。

事業の概要

「演劇創造活動支援事業(補助金)に関する内規等」もご覧ください。

1.補助対象とする演劇等の範囲

社会通念上、演劇と呼ばれるもので(古典を除く)、次に掲げるものです。

(1)商業演劇(2)小劇場演劇(3)ミュージカル
(4)その他、(1)から(3)に類するもので古典に属するもの以外のもの

2.補助対象となる者

(1)補助金の交付の対象となる者は、札幌市内を主な活動拠点とする、次に掲げる条件をいずれも満たす劇団とします。

ア本市において意欲的で活発な演劇の創造活動及び公演活動を行っている劇団であること(意欲的で活発な活動を行う団体を支援する)

イ本市の演劇界の次代を担い得る、将来性のある劇団であり、本市の文化振興に寄与することが認められること(演劇がまちの魅力となるような活動に期待)

ウこの補助金のほかに、札幌市から補助金の交付を受けていないこと

エ定期的に、演劇公演や公開稽古、ワークショップ等の公益的な活動ができること(市民参加や市民との連携を可能とする)

オ団体運営に係る財務経理を適正に処理しており、効率的な運営を行っていること


(2)前記(1)に掲げる劇団であっても、次のいずれかに該当する場合には、補助の対象とはしません

ア本補助金(平成17年度から平成23年度までの間に補助された「舞台芸術創作活動支援事業補助金」を含む。)の交付を5年以上受けたことがあるもの

イ特定企業の広報・宣伝を目的とした活動であるもの

ウ特定の政治活動、宗教活動、又はチャリティを目的とした活動であるもの

エ学校における部活動や行事など、学校教育の一環であるもの

オ教室・教授所等(カルチャースクールを含む)が行う、習い事や稽古事等の発表活動であるもの

カ暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員)又は暴力団関係事業者(暴力団員が実質的に経営を支配する事業者その他同条第2号に規定する暴力団又は暴力団員と密接な関係を有する事業者をいう。)

3.補助対象事業

劇団が稽古場や劇場において行う演劇の創造活動とします。

4.補助対象経費

平成27年4月から平成28年3月までの活動において発生し、平成28年3月末までに実際に支払う(支払った)以下の経費とします。

・稽古場の家賃
(札幌市内に所在するもの。)

・時間貸しで利用する稽古場及び劇場の会場使用料
(札幌市内に所在するもの。会場附帯装置等の借上料、光熱水費等の管理費を含みます。)
ただし、演劇公演を行うために稽古場及び劇場を借り受けた場合にあっては、当該演劇公演の開催日分は対象としないものとします。

※詳しくは、募集要項の「補助の対象となる経費について」をご覧ください。

5.補助対象期間

平成27年4月1日から平成28年3月31日の1年以内とします。

6.補助金額

補助対象経費の2分の1以内で、年額40万円を上限として予算の範囲内で定めるものとします。

7.補助金の交付の条件

補助金の交付を受けることとなった場合は、前記5の補助対象期間内に、以下の事項をいずれも実施しなければならないものとします。
また、札幌市の演劇振興のためにご協力をお願いすることがあります。
(1)札幌市内で不特定多数の者を対象とした演劇公演を1回以上実施すること。
(2)札幌市内で札幌市民を対象としたワークショップ、公開稽古等を1回以上開催すること。

 演劇創造活動支援事業(補助金)に関する内規等

1.演劇創造活動支援事業補助金交付要綱(PDF:88KB)(平成17年6月20日観光文化局長決裁)

2.演劇創造活動支援事業補助金取扱方針(PDF:67KB)(平成17年6月20日観光文化局長決裁)

3.演劇創造活動支援事業補助金選考委員会要綱(PDF:49KB)(平成17年6月20日観光文化局長決裁)

 

 平成26年度の演劇創造活動支援事業について(活動実績)

平成26年度の補助金交付団体の活動実績等。(補助対象期間は平成26年4月1日から平成27年3月31日まで。)

1.平成26年度の補助金交付団体、ホームページアドレス、活動実績・展望等

団体名 ホームページアドレス 活動実績・展望等
intro

http://intro-sapporo.com/

活動予定・目標等(PDF:64KB)
劇団清水企画

http://gekidan-shimizukikaku.com/

活動予定・目標等(PDF:36KB)
劇団アトリエ http://gekidanatelier.web.fc2.com/ 活動予定・目標等(PDF:43KB)
劇団弦巻楽団

http://tsurumaki-gakudan.com/

活動予定・目標等(PDF:39KB)
座・れら http://facebook.com/za.rela09/ 活動予定・目標等(PDF:69KB)
PaingSoe<パインソー>

http://paingsoe.com/

活動予定・目標等(PDF:37KB)

※「活動予定・目標等」は、各団体から札幌市に対して提出された書類をもとに札幌市が作成したもので、平成27年3月現在の内容となっております。

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局文化部文化振興課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎4階

電話番号:011-211-2261

ファクス番号:011-218-5157