ここから本文です。

更新日:2020年7月14日

札幌市以外の支援等(リンク集)

文化芸術に携わる方々への新型コロナウイルス感染症に関する主な支援等(国、北海道など)をリンク集で紹介します。(随時更新します。)

国・北海道の支援制度

総合サイト(文化庁ホームページ)

名称

概要
新型コロナウイルスの影響を受ける文化芸術関係者に対する支援情報窓口(文化庁HP) 文化庁が管理する新型コロナウイルスの影響を受ける文化芸術関係者への支援策をまとめた特設ページ
  【全体像】新型コロナウイルス感染症に伴う文化芸術に関する各種支援のご案内(令和2年7月10日現在)【PDF】(文化庁HP) 文化庁がまとめた新型コロナウイルス感染症に伴う文化芸術に関する各種支援のご案内(令和2年7月10日時点)
  令和2年度補正予算等における文化芸術関係者への支援(令和2年6月12日)【PDF】(文化庁HP) 令和2年度2次補正予算において計上された「文化芸術活動への緊急総合支援パッケージ560億円(一部、スポーツを含む。)の関連資料

文化芸術活動への支援

名称

概要
令和2年度補正予算 コンテンツグローバル需要創出促進補助金(J-LODlive)(映像産業振興機構HP)(経済産業省) 新型コロナウイルス感染症のまん延の影響を踏まえ、これにより公演を延期・中止した主催事業者に対して、今後実施する無観客公演をはじめとするライブ公演の開催及びその収録映像を活用した動画の制作・海外配信費用の一部を補助(応募期間:令和2年5月27日~令和3年1月29日※期限前でも予算がなくなり次第終了)
文化施設の感染症防止対策事業(補助金)(文化庁HP) 劇場・音楽堂、博物館の文化施設の感染症防止に係る取組を支援(令和2年4月1日~令和3年2月28日までに完了する事業が対象)(【終了】受付:令和2年5月25日~6月19日)
文化芸術活動の継続支援事業(文化庁HP) 新型コロナウイルス感染拡大の影響により活動自粛を余儀なくされた文化芸術関係団体等に対し、感染対策を行いつつ、直面する課題を克服し、活動の再開・継続に向けた積極的取組等に必要な経費を支援(1次募集:令和2年7月10日~7月31日)
「北海道のライブ・エンタテインメントにおける新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」に沿った取組に伴う感染拡大防止助成金(一般社団法人北海道ライブ・エンタテイメント連絡協議会HP)(北海道) 新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けた音楽、演劇などのライブ・エンタテインメントの公演を実施し継続していくために、(一社)北海道ライブ・エンタテインメント連絡協議会(以下「協議会」)策定のガイドラインに沿った取組を行う事業者を支援し、協議会策定のガイドライン普及の一環として、ガイドラインに沿った取組を行う事業者に交付(1事業者につき25万円)(申込期限:(電話)令和2年7月22日、(書類)令和2年7月31日)
休業協力・感染リスク低減支援金(北海道HP) 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、休業等の要請にご協力いただき、感染リスクを低減する自主的な取組を行う事業者に対し、支援金を支給(申込〆切令和2年7月31日)

その他の経済的な支援

総合サイト

名称

概要
新型コロナウイルス感染症関連 経済産業省の支援策(経済産業省HP) 経済産業省が管理する新型コロナウイルスによる企業への影響を緩和し、企業を支援するための各施策を案内するページ
  娯楽業経営者向けパンフレット【PDF】(経済産業省HP) 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける娯楽業経営者向けの支援策をまとめたリーフレット
新型コロナウイルス感染症について(労働者・企業の方向け)(厚生労働省北海道労働局HP) 厚生労働省(北海道労働局)が管理する新型コロナウイルス感染症に関するQ&A、各種相談窓口の案内、各種助成金(給付金)のご案内、各種支援などについて紹介するページ

個別支援

名称

概要
特別定額給付金 令和2年4月20日閣議決定された「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」に基づく家計への支援(給付対象者1人につき10万円)
新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け) 新型コロナウイルス感染症の影響により、小学校等が臨時休業等した場合等に、子どもの世話を行うために、契約した仕事ができなくなった個人で仕事をする保護者へ支援金を支給(令和2年2月27日から6月30日までの間において、就業できなかった日について、1日当たり4,100円)(申請期間:令和2年9月30日まで)
持続化給付金(経済産業省HP) 新型コロナウイルス感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える給付金(中小法人等は200万円、個人事業者等は100万円)
家賃支援給付金(経済産業省HP)  5月の緊急事態宣言の延長等により、売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金を支給(申請期間:令和2年7月14日~令和3年1月15日)
新型コロナウイルス感染症特別貸付

・日本政策金融公庫HP

・商工中金HP

セーフティネット保証・危機関連保証

・セーフティネット概要(保証4号保証5号)【PDF】(経済産業省HP)

・中小企業庁HP(セーフティネット保証危機関連保証

・北海道信用保証協会HP(セーフティネット保証危機関連保証
新型コロナウイルス感染症で影響を受けている事業者の皆様に、日本政策金融公庫や商工中金の新型コロナウイルス感染症特別貸付や、信用保証協会のセーフティネット保証・危機関連保証で資金繰りを支援
雇用調整助成金(厚生労働省HP) 経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、雇用の維持を図るための休業手当に要した費用を助成する制度(感染拡大防止のため、4月1日~6月30日の緊急対応期間中は、全国で、全ての業種の事業主を対象に、雇用調整助成金の特例措置を実施)
納付猶予・減免

・税(財務省HP)

・社会保険料(厚生労働省HP)

・国民年金保険料(日本年金機構札幌市HP

・国民健康保険料(厚生労働省通知札幌市HP

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、税金や社会保険料等の支払いが難しくなる個人、中小事業者を対象とした特例制度
個人向け緊急小口資金等の特例【PDF】(厚生労働省HP)(概要資料)

・北海道社会福祉協議会HP(手続等)

・札幌市社会福祉協議会HP(手続等)
新型コロナウイルス感染症による経済への影響による休業等を理由に一時的な資金が必要な方へ緊急の貸付を実施する特例制度

その他支援制度

名称 概要
文化芸術復興創造基金(独立行政法人日本芸術文化振興会) 新型コロナウイルス感染症の影響により文化芸術団体は長期にわたる公演等の中止など、非常に厳しい状況にあることから、文化芸術活動の存続を支援し、今後の我が国の文化芸術の振興・普及を図るために寄附金を財源として創設する基金(1,000万円以上あつまった段階で募集)
コロナ給付金寄付プロジェクト(公益財団法人パブリックリソース財団) コロナ給付金寄付プロジェクトで「文化・芸術・スポーツ支援分野」を指定して集まった寄付金を原資として、新型コロナウイルスの感染拡大の影響及び感染症拡大防止策の影響で、困難に直面しているアーティスト・アスリートや文化・芸術・スポーツの専門スタッフ(専門技能を持ったスタッフ)などの個人及び文化・芸術・スポーツ団体に対して助成。第1回公募受付は5月25日で終了。(【終了】第2回助成 公募期間:令和2年7月1日~7月9日)
アーツ・ユナイテッド・ファンド(AUF)

芸術文化の今を守り未来へつなぐ基金

アンケート結果に基づき、各個人の長期的な活動を応援するための金銭的支援に加えて、賛同企業による無償の非金銭的支援を行う。【終了】公募受付は令和2年6月9日まで。

文化情報発信事業「北のアーティスト」スペシャルプログラム(公益財団法人北海道文化財団) 道内のアーティストや舞台スタッフに活躍の場を提供することを目的に、道内在住及び出身の舞台芸術(音楽・演劇・舞踊・伝統芸能等)分野のアーティストによる実演や作品等の動画を募集し、道民の皆さまが身近に芸術文化に触れることが出来る機会をインターネット上において提供(【終了】募集:令和2年5月1日~6月1日)
稲盛財団文化芸術支援プログラム(公益財団法人稲盛財団HP) 新型コロナウイルス感染拡大防止のために公演を中止またはキャンセルされた実演芸術団体およびプロダクション、スタッフ会社、企画制作会社等の実演芸術関連企業の活動継続、次なる創作・公演準備のための資金を支援(【終了】申込〆切令和2年5月17日)
舞台芸術を未来に繋ぐ基金=Mirai Performing Arts Fund 寄附による原資を使い、新型コロナウイルス感染症の拡大防止によって活動停止を余儀なくされた舞台芸術に携わる出演者・クリエーター・スタッフ(個人、団体問わず)に対して今後の活動に必要な資金を助成(【終了】応募期間:令和2年6月1日~6月9日)
SaveArtsプロジェクト クラウドファンディングを使った、「演劇」、「歌劇/音楽劇」への支援。2020年2月~6月の範囲で公演が中止となった上演団体、個人を対象に、コロナ禍関連損失の補填費用、活動再開のための資金を支援(【終了】応募期間:令和2年4月17日~6月5日)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局文化部文化振興課

〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌時計台ビル10階

電話番号:011-211-2261

ファクス番号:011-218-5157