ここから本文です。

更新日:2017年2月16日

あけぼのアート&コミュニティセンターについて

 

「あけぼのアート&コミュニティセンター」は、平成16年3月に閉校となった旧「曙小学校」の跡施設を再整備し、平成21年11月に開設しました。

校舎棟写真1

 施設について

施設開設の目的

あけぼのアート&コミュニティセンターは、

1. 札幌の文化芸術の時代を拓く拠点に

美術館や音楽ホールで高名な芸術作品を鑑賞するにとどまらず、誰もが気軽に参加できる身近な文化芸術の振興に向けて、文化芸術団体等に活動の場を提供することを通じ、市民が質の高い文化芸術に親しむことのできる環境を充実させる。

2. 文化芸術が地域力を高める拠点に

文化芸術活動を媒介に、地域と地域外の力である文化芸術団体等とが協働することによって地域力を高める。

3. 子どもも高齢者も暮らし続けられるまちの拠点に

都心部4小学校の統合でバス通学となったことにより、子どもが地域と関わる機会が少なくなっているという状況や、独り暮らしの高齢者が増加しているという、曙地区の特徴・課題に対応したソフト事業を展開する。

 

 以上により、「文化と芸術の薫りが街を元気にする拠点」を形成することを目的としています。

 

施設の運営形態

  • 市が施設の土地と建物を管理運営団体に有償で貸付け、センターとして運営
  • 市と公募により選定した管理運営団体との間で、公有財産の貸付契約及び管理運営に関する協定を締結
  • 管理運営団体は、市に賃借料等を支払った上で施設の管理運営を行い、センターの運営で得られる収益等をもとに管理運営に係る費用を賄う

施設の概要

文化芸術活動を行う個人や団体に貸し出す長期利用貸室、一般貸出が可能な音楽室・中ホール・交流室・体育館のほか、地域の方などのために開放している図書室やグラウンドなどがあります。

施設の概要(PDF:64KB)

施設の利用

施設の利用条件、申込の方法や利用料金など、詳しいことは、管理運営団体が開設している、あけぼのアート&コミュニティセンターのホームページをご覧ください。

 

ページの先頭へ戻る

  平成29年度から平成32年度の管理運営団体について

管理運営団体の選定結果

管理運営団体と締結している「あけぼのアート&コミュニティセンター」の管理運営に関する協定期間(平成25年4月1日から平成29年3月31日まで)が満了することから、施設(建物及び土地)を札幌市から借受けて、平成29年4月1日から平成33年3月31日まで施設の管理運営を行っていただける団体の募集を行いました。

この募集で応募があった団体から、平成28年12月15日に開催された「あけぼのアート&コミュニティセンター管理運営団体選定委員会」において、次のとおり管理運営団体の候補者を選定いたしました。

管理運営団体の選定結果について(PDF:165KB)

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局文化部文化振興課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎4階

電話番号:011-211-2261

ファクス番号:011-218-5157