ホーム > 市政情報 > 選挙 > 住所異動した方の投票

ここから本文です。

更新日:2019年1月16日

住所異動した方の投票

住所異動により選挙人名簿の登録が変わりますので、ご注意ください。
なお、投票する時点で札幌市外に転出している場合は、札幌市長選挙及び札幌市議会議員選挙については、選挙権がないため投票することはできません。
また、投票する時点で北海道外に転出している場合は、北海道知事選挙及び北海道議会議員選挙の選挙権もないため、いずれの選挙も投票することはできません。
※異動については、特殊なケースもありますので、ご不明な点はお住まいの区の選挙管理委員会にお問い合わせください。

(1)札幌市外から転入された方

札幌市の選挙人名簿に既に登録されている方又は新たに登録される方(「投票できる方」のページを参照)】

札幌市のお住まいの区で投票ができます。

札幌市の選挙人名簿に登録されていない方又は登録されない方

前の住所地が道外の方

今回の選挙で投票することはできません。

前の住所地が道内の方

前の住所地の選挙人名簿に登録されている場合で、道内で住所異動の場合は、北海道知事と北海道議会議員の選挙について、前の住所地で期日前投票又は投票日の投票をすることができます。
また、前の住所地の選挙人名簿に登録されている場合、その住所地の選挙管理委員会へ不在者投票の請求を行うことで、札幌市の各区の選挙管理委員会で不在者投票ができます。
なお、投票日に札幌市の投票所で投票することはできません。

※前の住所地の選挙人名簿に登録されているかどうかは前の住所地の選挙管理委員会へお問い合わせください。

 

(2)札幌市外(北海道外)へ転出される(された)方

平成31年3月21日までに転出される(された)方

札幌市で投票することはできません。
平成30年12月28日までに、転出先の市町村で住民票を作成されている方は、お住まいの住所地で統一地方選挙による選挙が行われる場合、お住まいの住所地の選挙人名簿に登録され、投票できる場合があります。詳しくは、お住まいの住所地の選挙管理委員会へお問い合わせください。

平成31年3月22日以降に転出される(された)方

札幌市で期日前投票・投票日の投票ができる場合がありますので、札幌市のお住まいだった区の選挙管理委員会にお問い合わせください。

 

(3)札幌市外(北海道内)へ転出される(された)方

転出先の選挙人名簿に登録されている方又は新たに登録される方

平成30年12月28日までに、転出先の市町村で住民票を作成されている方は、お住まいの住所地の選挙人名簿に登録されると思われます。詳しくは、お住まいの住所地の選挙管理委員会へお問い合わせください。なお、お住まいの住所地の選挙人名簿に登録されている場合は、札幌市での投票はできません。

転出先の市町村の選挙人名簿に登録されていない方又は登録されない方

平成30年12月29日以降に、転出先の市町村で住民票を作成されている方は、転出先の市町村の選挙人名簿に登録されませんので、投票日現在にお住まいの住所での投票はできません。
転出前に札幌市の選挙人名簿に登録されていた場合は、札幌市でお住まいだった区において北海道知事と北海道議会議員の選挙について、期日前投票・投票日の投票を行うことができます。また、不在者投票の請求を行った場合は、お近くの選挙管理委員会で不在者投票ができます。
いずれの投票方法による場合でも、市町村長の発行する「引き続き道内に住所を有する旨の証明書」の提示又は「引き続き道内に住所を有する旨の確認」の申請をして頂き、引き続き道内に住所を有することの確認が必要となります。

※「引き続き道内に住所を有する旨の証明書」については一般的に市町村の住民票などを発行する窓口で取ることができます。また、「引き続き道内に住所を有する旨の確認」を申請する場合には、札幌市において住民基本台帳ネットワークシステムで確認をいたしますので、「引き続き道内に住所を有する旨の証明書」の提示は必要なく、こちらを選ばれる方が手間がかかりません。

 

(4)札幌市内で転居される(された)方

平成31年3月1日現在で選挙人名簿に登録されている方

平成31年3月8日以前に届出された方

新しい住所地の投票所で投票できます。

平成31年3月9日以降に届出された方

これまでお住まいだった住所地の投票所での投票となります。

選挙に伴い新たに札幌市の選挙人名簿に登録される方

選挙に伴い平成31年3月20日、3月23日、3月28日に新たに登録される方は、各登録日現在の住民票のある区の住所地の投票所で投票となります。