ホーム > 市政情報 > 選挙 > 投票日の投票

ここから本文です。

更新日:2019年6月27日

投票日の投票

(1)一般の投票

投票所の場所

各区の選挙管理委員会から順次お届けする「投票所案内はがき」の表面に記載されています。

投票の方法

「投票所案内はがき」を持参し、投票所で投票用紙を受け取ります。
※「投票所案内はがき」がない場合でも、札幌市の選挙人名簿に登録されていて、選挙権を有する方は投票できますので、投票所受付で申し出てください。
なお、7月7日(日曜日)頃までに「投票所案内はがき」が届かない場合は、各区選挙管理委員会にお問い合わせください(平成31年3月以降に札幌市に転入された方のはがきは、ご家族の方より1~2日遅れて届く場合があります)。

  • 選挙区選出議員選挙については、候補者1人の氏名を記載してください。
  • 比例代表選出議員選挙については、候補者(名簿登載者)の氏名又は政党等の名称もしくは略称1つを記載してください。

投票所への入場など

投票所には、付添人や介助人、お子様も一緒に入ることができます。
投票所では、車いすの方が投票しやすいよう、車椅子用の記載台やスロープを備え付けています。
スロープがない場合は係員が介助しますので、投票所入口に設置してあるブザーにより係員を呼び出してください。
選挙支援カード(※)をご利用の方は、ご記入のうえ、受付にご提出ください。


※選挙支援カードは、投票に際し、支援が必要な方で、口頭による申出が困難な方にご使用いただくものです。
あらかじめご記入いただき、投票所の受付にご提出いただければ、必要な支援を受けることができますが、手話等高度な支援については対応することができませんので、あらかじめご了承ください。
なお、本様式は札幌市独自のもので、他市区町村ではご使用できませんので。ご注意ください。

【様式ダウンロード】

選挙支援カード

記載例

(2)点字による投票

視覚に障がいのある方は、点字で投票することができます。
受付の際に投票管理者に点字で投票したいことを申し出てください。
点字投票用の投票用紙が交付されますので、その用紙で投票してください。点字器及び点字の候補者の名簿も投票所に備えつけてあります。

(3)代理投票

病気やけがなどのため、字を書くことができない方は、係員が投票を記載する代理投票の制度があります。
要件に該当する方が代理投票をしたいことを投票管理者に申し出ると、投票事務従事者の中から2人の補助者が指定され、そのうち1人が選挙人の指示する候補者の氏名を書き、残りの1人が指示通りに記載したかどうかを確認するため立ち会います。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。