ホーム > 市政情報 > 選挙 > 第25回参議院議員通常選挙の選挙公報の投棄事案の判明に関するお知らせ

ここから本文です。

更新日:2019年7月22日

第25回参議院議員通常選挙の選挙公報の投棄事案の判明に関するお知らせ

令和元年7月18日(木曜日)、札幌市関係分と思われる選挙公報が、北海道三笠市内の山中に大量に投棄されていることが判明しました。
令和元年7月19日(金曜日)、本事案の原因が判明しましたのでお知らせいたします。

事案判明の経緯

令和元年7月18日(木曜日)7時50分頃、北海道三笠市内の山中付近の住人が、選挙公報が大量に投棄されていることを発見し、警察に通報があったことで本事案が判明した。

発見された選挙公報の状況

200部梱包のものが14梱包
バラの状態のものが約400部
計 約3,200部

※梱包されていたものは、ビニールによるバンドが施され、色による区分けがなされており、いずれも札幌市分の公報を印刷した印刷所で作製したものと推察される。
※梱包の透明ビニールは破かれ、区名等を記載した紙は抜き取られていた。

投棄原因が判明した経緯と該当地域への対応について

令和元年7月19日(金曜日)夕方、厚別区の住人から厚別区選挙管理委員会に選挙公報が未配であるとの通報があった。
通報人の住所は委託業者のポスティングによる配布地域であったことから、厚別区選挙管理委員会から委託業者に選挙公報を配布するよう指示し、投函した。
その際、当該地域が概ね3,000部以上の配布を行う配布員が担当する地域であることがわかったため、委託業者において戸別に聴き取り調査をしたところ、当該地域全街域において配布されている事実は確認できなかった。
委託業者において、令和元年7月18日(木曜日)から当該配布員に個別にヒアリングを行い確認をしていたが、7月19日(金曜日)夜に当該配布員と対面し、改めて聴き取りをしたところ、当初は否定していたものの、最終的に投棄の事実を認めた。

対象地域

札幌市厚別区
厚別西4条4丁目、4条5丁目、5条4丁目、5条5丁目、5条6丁目
厚別東1条3丁目、1条4丁目、2条3丁目、2条4丁目、2条5丁目、2条6丁目
厚別東3条4丁目、3条6丁目、4条5丁目、4条6丁目、4条8丁目
厚別東5条1丁目、5条2丁目

対象件数

約3,600件

対象地域への対応

当該配布員による投棄の原因等が判明する前に、当該地域全体への未配布の可能性が高まったことから、令和元年7月19日(金曜日)18時頃から委託業者によるポスティングを開始し、同日22時30分頃に全世帯への配布を完了した。

本事案に対する今後の対応

警察に相談の上、告発の可否について検討を行う。
また、契約担当部局と調整の上、厳正な対応を行う。