ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

事業ごみ不適正排出指導

業活動に伴って排出される廃棄物(事業ごみ)は、事業者自らの責任において適正に処理しなければなりません

幌市では、少量であっても事業ごみを家庭用ごみステーションに出すことはできないため、家庭用ごみステーションへ事業ごみの不適正排出や、事業ごみの不適正管理があった場合、事業ごみ指導員と各清掃事務所のごみパト隊が連携して事業者に不適正排出指導等を行います。

事業ごみの不適正排出等のイメージ図

事業ごみ不適正排出予防キャンペーン

幌市では、商店街がかかえる事業ごみの課題について、商店街と事業ごみ指導員が連携し、事業者に正しいごみの排出方法等を周知啓発する「不適正排出予防キャンペーン」を平成27年9月にスタートしました。
店街自らが地域の実情に応じた美化活動に取り組むことで、不適正排出の予防や改善に効果が期待できます。

平成28年度

成28年11月7日(月曜日)、北24条商店街振興組合の役員と事業ごみ指導員により、合同巡回指導や家庭用ごみステーションへの啓発看板設置などを行いました。
た、同地区で活動する札幌市北区料飲店協会も合同巡回指導後協力いただき、料飲店協会の会員へ会報によるキャンペーン実施の周知を行いました。

北24条商店街振興組合の画像

成28年10月11日(火曜日)、豊平商店街振興組合で、会員54店舗へ啓発チラシを配付しました。

らに、協力店店頭には、キャンペーンステッカーを掲示しています。

豊平商店街振興組合の画像

平成27年度

成27年11月1日(日曜日)、裏参道商店振興会で会員約110店舗へ啓発チラシを配付するとともに、事業ごみが排出される家庭用ごみステーション3か所に啓発看板の設置を行いました。

裏参道商店振興会の画像

成27年10月6日(火曜日)、麻生商店街振興組合の役員3名と事業ごみ指導員4名が参加し、合同巡回指導や家庭用ごみステーションへの啓発看板設置などを行いました。

麻生商店街振興組合の画像

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境事業部事業廃棄物課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎13階

電話番号:011-211-2855

ファクス番号:011-218-5107