ホーム > くらし・手続き > 環境・みどり > 公園・みどり > 花とみどりのまちづくり > さっぽろふるさとの森づくり > 連携協定による森づくり(NPO法人北海道市民環境ネットワーク・NPO法人森林遊びサポートセンター)

ここから本文です。

更新日:2011年3月3日

連携協定による森づくり(NPO法人北海道市民環境ネットワーク・NPO法人森林遊びサポートセンター)

ラブアースの森づくりin札幌-2010年度

2010年9月26日(日曜日)、北区の茨戸川緑地において「ラブアースの森づくりin札幌」(NPO法人森林遊びサポートセンター、NPO法人北海道市民環境ネットワーク共催)が今年度も開催されました。
これは「さっぽろふるさとの森づくりに関する協定書」に基づき実施されたもので、今年度は公募の参加者ら約120人が苗木300本を植樹しました。

⇒「ラブアースの森づくり」開催報告のページへ(ラブアース・クリーンアップin北海道2010へのリンク)

2010年度の育樹活動

2010年6月5日(土曜日)と2010年7月16日(金曜日)の両日、森づくり活動地において育樹活動が行われました。
各回約30名が参加し、下草刈りを行いました。

連携協定:草刈りの様子の写真

草刈りの様子

連携協定:草刈りの様子の写真

草刈りの様子

ラブアースの森づくりin札幌-2009年度

2009年10月4日(日曜日)、北区の茨戸川緑地において「ラブアースの森づくりin札幌」(NPO法人森林遊びサポートセンター、NPO法人北海道市民環境ネットワーク共催)が開催されました。
これは「さっぽろふるさとの森づくりに関する協定書」に基づき実施されたもので、今年度は公募の参加者ら約100人がイタヤカエデやハルニレなどの苗木420本の植樹を行いました。

 

連携協定:植樹の様子の写真

植樹の様子

連携協定:集合写真

集合写真

NPO法人北海道市民環境ネットワーク・NPO法人森林(もり)遊びサポートセンター・札幌市「さっぽろふるさとの森づくりに関する協定書」調印式

2009年9月4日(金曜日)、NPO法人北海道市民環境ネットワーク、NPO法人森林(もり)遊びサポートセンター及び札幌市は、「さっぽろふるさとの森づくり」を展開している北区の茨戸川緑地において、相互に連携して森づくり活動に取り組んでいくことを柱とした連携協定を締結しました。
NPO法人北海道市民環境ネットワークでは、「ラブアース・クリーンアップin北海道」(全道一斉ゴミ拾い運動)の次のステップとして、参加者の環境意識の向上、北海道の環境保全を目的とした植樹活動「ラブアースの森づくり」を実施しており、今年度より会員団体であるNPO法人森林(もり)遊びサポートセンターと共同で「ラブアースの森づくりin札幌」を展開していきます。
この協定により、約0.5haの敷地に今後5年間で2,750本の苗木を植樹、10年にわたる下草刈りなどの維持管理活動を行いながら森づくりを進めていきます。

 

連携協定:調印式の写真

協定書に調印した、
NPO法人北海道市民環境ネットワークの秋山理事長(右)、
NPO法人森林(もり)遊びサポートセンターの小林理事長(左)と
上田市長(中央)

連携協定:調印式の写真

調印式の様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局みどりの推進部みどりの管理課

〒060-0051 札幌市中央区南1条東1丁目5 大通バスセンタービル1号館6階

電話番号:011-211-2522

ファクス番号:011-211-2523