ここから本文です。

更新日:2018年1月11日

月寒公園再整備

お知らせ

公園の概要

所在地 札幌市豊平区月寒西2~3条4丁目ほか
面積 約22ha
種別 総合公園
告示年月日 昭和36年(1961年)4月1日

 

【月寒公園の位置図】

月寒公園位置図

【月寒公園の整備前見取図】

月寒公園見取り図

 

※画像をクリックすると詳しい情報または拡大図が見られます

再整備の目的

月寒公園は、豊平区の総合公園として、野球場やテニスコートなどの運動施設や、冒険広場といった遊戯施設のほか、ボート池が配置されるなど、市民の憩いの場として広く利用されています。
しかし、昭和36年の開設から50年以上が経過し、施設の老朽化が著しいほか、時代の変化に伴う市民ニーズに十分対応できていない課題があります。こうした課題を解決し、ユニバーサルデザインに対応した施設改修や、広域避難場所にふさわしい施設の充実を図ることを目的とし、平成29年度頃の完了を目指して、全面的な再整備を進めています。

再整備計画策定までの経緯

再整備計画の策定にあたっては、計画策定委員会が助言機関となり、市民ニーズの把握を行いながら、計画案を策定しました。
その計画案をシンポジウムで広く市民のみなさまへ情報提供を行い、その場で議論を行う形で、計画策定を行いました。

計画の策定方法

計画策定委員会について

月寒公園再整備の施設検討等について検討するための委員会です。平成22年2月から平成23年1月まで、合計5回開催しました。

詳しくはこちら→計画策定委員会について

シンポジウムについて

計画を策定するにあたっては、市民への情報提供や市民参加の計画作りが必要であることから、月寒公園再整備計画策定の進捗状況と、計画策定委員会での討論結果を広く市民のみなさまにお知らせすると共に、関係する分野について専門家を招き、講演を聞いた上で、聴衆が質問や意見を発表する公開討論の場です。平成22年2月から平成23年2月まで、合計3回開催しました。

詳しくはこちら→シンポジウムについて

公募型プロポーザルの実施について

月寒公園再整備基本計画および基本設計業務の受託者特定のため、平成21年9月に「公募型プロポーザル」を実施して設計者を決定しております。
「公募型プロポーザル」とは、設計者選定の一手法であり、実施体制・実績・提案内容・業務に対する意欲等から、設計の最適者を判断するものです。

詳しくはこちら→公募型プロポーザルの実施について

再整備の5つの目標

  1. 様々な人が集い、豊かな活動が繰り広げられる「都市の庭」
    これまでの活動を快適に楽しくできる公園を目指します
    これまで以上に、もっと多様な活動が繰り広げられる公園を目指します
    新たな分野の人や年齢層の方と出会い、交流するきっかけを生む公園づくりを行います
  2. 魅力ある多様な環境、景観が楽しめる「身近な景勝地」
    今ある自然環境(森林、草地、池・川)を活かし、豊かで多様な環境を育みます
    特徴ある美しい水景などの風景を創出します
  3. 子どもが生き生きと遊び、学べる「環境遊園」
    次の世代を担う子ども達が、自然に触れ、親しみながら、生き生きと遊び、彼らの成長とともにある公園を目指します
  4. 公園や地域の歴史、魅力を活かし、伝えていく「博物園」
    公園や地域の魅力を育て、積極的に発信していきます
    公園利用を満喫できるよう、園内の情報をわかりやすく伝えていきます
    公園や地域の歴史をふまえ伝えていきます
  5. だれでも安心して利用できる安全な公園
    だれもが利用し、楽しめるユニバーサルなデザインに配慮した公園を目指します
    防犯に配慮した施設整備、管理運営を行います
    災害時の広域避難場所としての防災機能を充実していきます

施設整備の主な内容

  1. 野球場の面数減・多目的広場の整備
    元々2面あった坂下野球場を1面廃止して、月寒公園の特徴でもある丘斜面から連続して広がる多目的広場を整備します。
    この多目的広場は自由に利用できる無料施設とし、オープンスペースを多様に利用したいという市民ニーズに応えます。

  2. 屋内施設の整備
    多目的広場を見渡せる場所に、市民の活動・休憩拠点となる管理事務所兼用の屋内施設(パークライフセンター)を整備します。
  3. ボート池の整備
    市内でも貴重なボート池利用を継続しつつ、利用しやすいようボート乗場の改修を行います。
    また、池の容積を若干小さくし、水質改善を図るとともに、水の遊び場や、花見広場を池周辺に整備します。
  4. 老朽化したプールの廃止・テニスコートの整備
    老朽化により使用できなくなっていたプールを廃止し、跡地にテニスコートを移設します。
    テニスコートの移設に伴い、これまでのテニスコートの場所を森林育成林と位置づけて、植樹により樹林を形成します。
  5. パークゴルフ場の整備
    元々、月寒神社に隣接して設置されていたパークゴルフ場9ホールを、高台野球場南側へ移設し、ホール数18ホールの有料施設とします。
    これにより、周辺住民からの騒音苦情、パークゴルフ場利用者と一般公園利用者との動線交錯を解消します。
  6. 遊び場の整備
    子どもたちの遊び場として、森の遊び場、丘の遊び場、水の遊び場、遊戯広場の4箇所を整備します。
    森の遊び場は、現在使用できなくなっている冒険広場付近に、高低差のある地形を利用した遊具を整備します。
    丘の遊び場は、多目的広場に隣接して、地形を利用した滑り台を主体とする遊び場を整備します。
    水の遊び場は、上水および井戸水を使用して、子どもたちが安全に遊ぶことができる水遊び場をボート池南側に整備します。
    遊戯広場は、冒険広場跡地に設置されていた遊具を移設するとともに、遊具の充実を図ります。
  7. 駐車場の整備
    坂下、高台の両駐車場は拡張整備し(現状156台→再整備後200台約3割増)、近隣道路への路上駐車を解消します。
    また、冬季利用者の駐車場確保のため、再整備完了後には坂下駐車場を冬季解放します。
    月寒神社近くの入口に車いす専用駐車場(3台)を整備します。
  8. 園路の整備
    公園全体の園路勾配について、急勾配箇所を解消し、ユニバーサルデザインに配慮します。基本的には8%以下でどこでも行けるようにします。
  9. 樹林環境
    公園全体の樹林環境は、市街地の貴重なみどりとして保全していくことを基本とします。ただし、現状として間伐がされていないため、林床に光が届かず、植生が乏しかったり、昼間でも暗く、防犯上問題があるところについては、樹木の伐採を実施し、光環境の改善を図ります。
    樹木伐採を実施するに当たっては、現状、要望、再整備後の利用を総合的に勘案して判断します。
    新規植栽をする場合、近隣居住者への配慮として、植栽位置や樹種の選定に注意します。
  10. 防災機能
    緊急貯水槽の設置などにより、災害時の広域避難場所としての防災機能を充実させます。
  11. 冬季利用
    冬期間の利用ニーズも多いことから、再整備工事後には、除雪センターを高台駐車場側1か所に集約し、坂下駐車場を冬季公園利用者に開放する予定です。(現在は冬季の一般駐車場利用はできません。)
    雪堆積場については、除雪センターによる坂下野球場の利用を継続し、民間用の高台野球場南側(自由広場)は、パークゴルフ場を新たに整備することから廃止します。

再整備計画平面図

再整備計画平面図

※画像をクリックすると拡大図が見られます

スケジュール

実施設計および造成工事期間については、今後の詳細調整により、変更する場合があります。

・平成20年度:利用実態調査
・平成21年度:基本計画、環境調査
・平成22年度:基本設計
・平成23~26年度:詳細設計
・平成24~29年度:再整備工事

各種イベントについて

再整備計画を進めるにあたって、各種イベントやワークショップを開催してきました。

詳しくはこちら→各種イベントについて

利活用・管理運営検討会議について

再整備完了後の月寒公園をどのように活用し、運営していくかというソフト面の検討を目的として、平成23年度から平成25年度まで「月寒公園利活用・管理運営検討会議」を開催しました。また、平成24年度には、検討会議をサポートするために、「地域で育てる公園づくり勉強会」を開催しました。

詳しくはこちら→月寒公園利活用・管理運営検討会議について

月寒公園パークライフセンター意見交換会について

月寒公園再整備計画では、管理事務所の機能と市民活動の拠点機能を併せ持つ施設として、パークライフセンターの整備が計画されています。既に基本的な考え方は整理されていますが、市民活動の視点から当該施設に求められている設備やその配置などについて意見交換を行っています。意見交換会は平成25年度に計2回開催しました。

詳しくはこちら→月寒公園パークライフセンター意見交換会について

月寒公園樹林整備方針について

再整備工事や再整備完了後の維持管理を進めるうえでの、樹林に対する考え方を「月寒公園樹林整備方針」としてまとめました。

詳しくはこちら→月寒公園樹林整備方針について

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局みどりの推進部造園担当課

〒060-0051 札幌市中央区南1条東1丁目5 大通バスセンタービル1号館6階

電話番号:011-211-2525

ファクス番号:011-211-2523