• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 私たちの大切な権利~せんきょ体験授業

ここから本文です。

更新日:2020年8月21日

私たちの大切な権利~せんきょ体験授業

せんきょ体験授業の様子1

 8月21日(金曜日)午後1時30分から、西園小学校(西区西野1条7丁目、山吹明範(やまぶき・あきのり)校長)で、6年生96人を対象とした「せんきょ体験授業」が行われました。

 これは、児童に選挙の大切さを学んでもらおうと、西区明るい選挙推進協会(濵田弘子(はまだ・ひろこ)会長)と、西区選挙管理委員会(櫛谷昌俊(くしたに・まさとし)委員長)が例年実施しているものです。

 始めに、西区選挙管理委員会事務局の職員が選挙制度について講義。選挙とは何か、なぜ選挙が必要なのかなど、児童に身近な「学校のめあてを決める」を例に挙げて解説すると、児童らは真剣な表情で耳を傾けていました。

 続いて、西区環境キャラクターの「さんかくやまベェ」とその仲間たちを立候補者に見立て、模擬選挙を実施。児童らは、「若者の投票率を上げるためにはどうしたらよいか」というテーマに対する各候補者の主張が記載された選挙公報を確認しながら、実際の投票用紙や投票箱を使うなど、本番さながらの環境で投票を行いました。

 なお、今年度は、候補者を記載する際に投票記載台の間隔を空けて使用し、投票終了後は消毒液で手指の消毒を行うなど、新型コロナウイルス感染症対策を行いながらの実施となりました。

 児童からは「誰に投票したらよいかを考えるのが難しかったです」「18歳になったら選挙に行って投票してみたいです」などの感想が寄せられ、模擬体験を通して選挙への関心を高めていた様子でした。

せんきょ体験授業の様子2

せんきょ体験授業の様子3