• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 民官一体となって交通事故を防ぎます!~夏の交通安全市民総ぐるみ運動

ここから本文です。

更新日:2020年7月13日

民官一体となって交通事故を防ぎます!~夏の交通安全市民総ぐるみ運動

啓発の様子

 7月13日(月曜日)から22日(水曜日)までの10日間行われる「夏の交通安全市民総ぐるみ運動」に合わせて、初日となる13日(月曜日)午前7時45分から、西区内の10カ所で早朝一斉街頭啓発が行われました。また、これに併せて西区役所駐車場(西区琴似2条7丁目)では、札幌方面西警察署(藤原睦実(ふじわら・むつみ)署長)による出動式が実施されました。

 同運動は、夏の観光・行楽シーズンによる交通量の増加に伴う事故防止や飲酒運転根絶を広く呼び掛けようと、札幌市西区交通安全運動推進委員会(会長・粟崎寿也(あわさき・としや)西区長)が中心となって、町内会やPTA、地域の企業などと協力して季節ごとに実施しているものです。

 この日、発寒6条4丁目の交差点では、地域住民らが「こうつうあんぜん 0(ゼロ)の心」と書かれた旗を掲げて沿道に。マスクの着用や人と人との距離を十分に取るなど、新型コロナウイルス感染症対策も徹底しながら、行き交う車や人に交通安全を呼び掛けていました。

 出動式では、同運動の一層の周知を図るため、札幌方面西警察署の署員31人と出動車両12台が整列。藤原西警察署長が「地域と連携し、多発する交通事故の防止に取り組もう」と署員らに呼び掛けると、粟崎寿也(あわさき・としや)西区長は「交通量も人通りも多い琴似地区で、出動式を行ったことは市民の安心に繋がります」と感謝の言葉を述べました。

 今後は、7月20日(月曜日)午後2時から、区内3カ所でスピードダウンやシートベルト着用の徹底を呼び掛ける人波街頭啓発が行われる予定となっています。

啓発の様子

出動する警察車両

出動式の様子