• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 安全で安心な明るい社会を目指して~「社会を明るくする運動」内閣総理大臣メッセージ伝達式を開催

ここから本文です。

更新日:2020年7月1日

安全で安心な明るい社会を目指して~「社会を明るくする運動」内閣総理大臣メッセージ伝達式を開催

記念撮影(左から、2人目が森田会長、粟崎西区長、篠原会長)

 7月1日(水曜日)午前10時から、西区役所(西区琴似2条7丁目、粟崎寿也(あわさき・としや)西区長)で、「第70回社会を明るくする運動 内閣総理大臣メッセージ伝達式」が行われ、札幌市西区保護司会の篠原光征(しのはら・みつまさ)会長、札幌西更生保護女性会の森田泰子(もりた・やすこ)会長ら5人が参加しました。

 この運動は、犯罪や非行の防止と、犯罪や非行をした人の更生について理解を深め、力を合わせて犯罪や非行のない明るい社会を築こうとするもので、法務省の主唱により昭和26年に始まり今回が70回目。毎年7月を再犯防止啓発月間として全国的に展開されています。

 この日は、初めに篠原会長が安倍内閣総理大臣からのメッセージを読み上げ、粟崎西区長に手渡しました。続いて行われた懇談会では、関係団体が連携し効果的な広報活動を行うなど、社会を明るくする運動を広げていくことの重要性を確認し合いました。

 粟崎区長は「この運動が多くの方に広がるよう、力を注いでまいりたい」と述べました。

メッセージ伝達の様子1(写真左から粟崎西区長、篠原会長)

メッセージ伝達の様子2(写真左から粟崎西区長、篠原会長)