• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 地元企業の有志団体「八進会」による高齢者宅の排雪ボランティア活動

ここから本文です。

更新日:2020年2月22日

地元企業の有志団体「八進会」による高齢者宅の排雪ボランティア活動

作業の様子

 2月22日(土曜日)午前9時から、八軒地区と八軒中央地区で、「八進会」の会員が高齢者宅の排雪ボランティア活動を行った。八進会(菊池英喜(きくち・ひでき)会長)は、元々は八軒地区に縁がある企業の異業種交流会として発足。日頃お世話になっている地域住民の役に立ちたいと、高齢者宅の排雪ボランティアは今年で8回目となるほか、花壇の植栽など活動の幅を広げています。

 この日は、計10人が参加し、17軒の除排雪を実施。対象の居宅に到着すると、会員らは現状を確認して瞬時に役割を分担。重機で玄関前の雪を一気にすくったり、重機が入れない細かい部分は数人でスコップを振るったり、瞬く間に住宅前の雪山がきれいになくなりました。重機の誘導や、自動車や歩行者の安全確保も慣れたもの。チームワークと熟練の技術で、手際よく排雪作業を進めていきました。

 依頼した女性は「今年の雪は一気に降ったり寒暖差で硬くなったりして、自分ではどうしようもなく困っていました。皆さんのおかげでとても助かりました」と笑顔で話していました。

 次回は、2月29日(土曜日)に、別の16軒の排雪が行われる予定です。

作業の様子

作業の様子

作業後きれいになった居宅前