• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 相次ぐ災害への対応を再確認~西区災害防止安全対策連絡会議

ここから本文です。

更新日:2020年2月19日

相次ぐ災害への対応を再確認~西区災害防止安全対策連絡会議

講演の様子

 2月19日(水曜日)午後2時から、札幌ホテルヤマチ(西区琴似1条3丁目)で、「令和元年度西区災害防止安全対策連絡会議(議長・粟崎寿也(あわさき・としや)西区長)」が開催され、区内11の地域団体、西区災害防止協力会、札幌方面西警察署、西消防署、西区役所などから42人が出席しました。

 この会議は、地域住民と区内の防災関係団体が防災に関する情報を共有し、災害時の対応について協議、検討することを目的に平成25年2月に開催。毎年開催されており、今回で8回目を迎えました。

 この日は、西区市民部総務企画課の久我智哉(くが・ともや)地域安全担当係長が「札幌市避難場所基本計画と避難所における備蓄物資について」と題して講演。令和元年9月に改定された同基本計画のポイントや今後増強される備蓄物資について解説しました。また、令和2年度に実施予定の西区防災訓練、西区避難所開設研修などの取り組みも紹介し、防災活動の推進に対する協力を呼び掛けました。

 その他、札幌方面西警察署、西消防署、小中学校や西区社会福祉協議会などの関係機関も、それぞれの立場で防災に関する直近の取り組みを発表。貴重な情報交換の場となった会場には真剣なまなざしで耳を傾ける参加者が多く見られました。

質問をする参加者