• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 地球の未来をみんなで守ろう!~エコトーク映画会

ここから本文です。

更新日:2020年2月9日

地球の未来をみんなで守ろう!~エコトーク映画会

講演の様子

 2月9日(日曜日)午後1時30分から、札幌市生涯学習総合センター「ちえりあ」(西区宮の沢1条1丁目)で「エコトーク映画会」が開催され、350人を超える観衆が集まりました。

 これは、区民に環境に配慮した生活について知ってもらおうと、リサイクルプラザ宮の沢と、西区内の町内会や学校、企業などでつくる西区環境まちづくり協議会が共催したものです。

 始めに、環境カウンセラーで、「容器包装の3Rを進める全国ネットワーク」で運営委員長を務める中井八千代(なかい・やちよ)さんが登壇。深刻化する廃棄プラスチックの海洋ごみ問題を取り上げ、プラスチック包装の見直しの必要性を訴えました。

 続いて、平成28年(2016年)に公開された映画「プラスチック・チャイナ」を上映。中国のプラスチックリサイクル工場の取材を通して環境問題へ警鐘を鳴らす内容で、観衆は時折驚いたような表情を浮かべながら作品に引き込まれていました。

 参加者の女性は「最近、プラスチックに代わる木製ストローなどを目にするようになって興味が湧いたので参加してみました。思っていた以上に深刻な問題だと気付かされました」と、真剣な表情で話していました。

 ちえりあのロビーでは、「北海道容器包装の簡素化を進める連絡会」がパネル展を開催。映画会参加者や通行人が足を止め、興味深そうに眺めていました。

会場の様子

パネル展