• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 寒さを吹き飛ばす全力アタック!~第6回西町連合町内会ミニバレーボール大会

ここから本文です。

更新日:2020年2月8日

寒さを吹き飛ばす全力アタック!~第6回西町連合町内会ミニバレーボール大会

1~2年生の部

 2月8日(土曜日)午前9時から、西園小学校(西区西野1条7丁目、山吹明範(やまぶき・あきのり)校長)で、第6回西町連合町内会ミニバレーボール大会が開催され、西町地区の小学生約70人が学校の垣根を越えて交流を深めました。

 これは、冬の間も子どもたちに体を動かし元気に過ごしてもらおうと、西町連合町内会(北口新治(きたぐち・しんじ)会長)とミニバレーボール大会実行委員会(若嶋治(わかしま・おさむ)実行委員長)が主催し、同地区の小学校などの協力を得て実施したものです。

 開会式では、若嶋委員長らが子どもたちに激励の言葉を送った後、選手を代表して西園小学校6年生の田村楓(たむら・かえで)さんが選手宣誓を務め、「スポーツマンシップにのっとり全力で戦います」と、健闘を誓いました。

 準備体操と「試合は8分間に多く得点したほうが勝ち」というシンプルなルール説明が行われた後、1~2年生の部、3~4年生の部、5~6年生の部と3つのブロックに分かれて、それぞれ4チームずつ総当たり戦で競技がスタート。

 1~2年生は風船を使って白熱したラリーを展開し、3年生以上は軟らかいバレーボールでサーブやアタックを繰り広げていました。子どもたちは「みんな広がって!」「声出していこう!」とお互いに呼び掛け、元気にプレー。大人たちの声援を受けながらコート狭しと走り回り、中には1点差で勝敗が決まる白熱した試合もありました。

 競技後は、それぞれブロックごと上位3位以内にメダルが授与。5~6年生の部で優勝した女の子は「今日のためにいっぱい練習して、楽しくプレーできました」と息を弾ませていました。

3~4年生の部

5~6年生の部

5~6年生の部で優勝した児童