• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 昔ながらの餅つきで親睦を深めよう!~八軒福まちもちつき大会

ここから本文です。

更新日:2019年12月8日

昔ながらの餅つきで親睦を深めよう!~八軒福まちもちつき大会

餅つきの様子

 12月8日(日曜日)午前10時30分から、八軒会館(西区八軒1条西1丁目)で、「八軒福まちもちつき大会」が開催され、300人を超える地域住民が集まりました。

 これは、餅つきを通じて住民同士の親睦を深めてもらおうと、八軒地区福祉のまち推進センター(丸山和男(まるやま・かずお)運営委員長)が、地域の恒例行事として毎年行っているものです。

 この日、用意されたのは60キログラムのもち米。きねと臼を使い、地域住民らが「よいしょ!」といった掛け声と共にリズム良くもち米をついていきました。つき上がった餅は地域の女性スタッフらが手早く丸め、来場者に振る舞われました。お汁粉やきな粉、ゴマなどたくさんの味付けがされ、「やっぱりつきたてのお餅はおいしいね」と笑顔で頬張る様子が見られました。

 また、子ども用に一回り小さなきねと臼も用意され、「もっと力を入れて!」「きねは真っすぐ下ろして!」といった大人のアドバイスを聞きながら、子どもたちは懸命に餅をついていました。

 小学校1年生の男の子は「きねが重かったけど、いっぱいお餅をつけたよ。おいしいお餅になったら良いな」と、笑顔で話していました。

餅つきの様子

餅を頬張る来場者

餅を選ぶ来場者