• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 子どもたちの安全を願って~シンガーソングライターの佐藤広大さんが発寒西公園に時計を寄付

ここから本文です。

更新日:2019年11月8日

子どもたちの安全を願って~シンガーソングライターの佐藤広大さんが発寒西公園に時計を寄付

NPO法人あおぞらプロジェクトとのスタッフとともに記念撮影(写真左から2人目:佐藤広大さん)

 11月8日(金曜日)午後2時から、発寒西公園(西区発寒8条13丁目)で、シンガーソングライターの佐藤広大(さとう・こうだい)さんがソーラー型電波時計を寄付し、自ら取り付け作業を行いました。

 佐藤さんは札幌出身で、地元を拠点に活躍するR&B(リズム・アンド・ブルース)というジャンルのシンガー。音楽活動の傍ら、未来を担う子どもたちの暮らしの安全を守りたいという思いから、2014(平成26)年にNPO法人あおぞらプロジェクトを設立。小中学校でのライブや講演活動などを精力的に行っており、今回の時計寄付もその一環でした。これまでにも市内4か所の公園に寄付をしているが、西区には初めてとなりました。

 この日は、あおぞらプロジェクトのスタッフと協力しながら園内の照明灯に時計を設置しました。子どもたちの帰宅時間が遅くならないように、また、時間を守る習慣を身に付けてほしいとの思いで始めたこの活動。佐藤さんは「地域の人たちから、この公園に設置してほしいという声が多かった。時間はかかるかもしれないけど、継続していくことで北海道の子どもたちに夢や希望を与えていきたい」と力強く語り、時計設置後は同公園に訪れていたファンとともにごみ拾いを行いました。

時計を取り付ける様子(写真左:佐藤広大さん)

ごみ拾いの様子(写真右:佐藤広大さん)