• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 子どもたちの健やかな成長を願って~株式会社花井組に絵本基金「子ども未来文庫」の寄贈に対する感謝状を贈呈

ここから本文です。

更新日:2019年11月1日

子どもたちの健やかな成長を願って~株式会社花井組に絵本基金「子ども未来文庫」の寄贈に対する感謝状を贈呈

感謝状の贈呈式(左が花井社長、右が吉岡副市長)

 11月1日(金曜日)午後6時30分から、札幌グランドホテル(中央区北1条西4丁目)で、吉岡亨(よしおか・とおる)札幌市副市長が株式会社花井組(西区西野8条5丁目、花井俊文(はない・としふみ)代表取締役社長)に対し、秋元克広(あきもと・かつひろ)札幌市長からの感謝状を贈呈しました。

 これは、札幌市所管の子育て支援施設や市立保育所等で閲覧用や読み聞かせ用の絵本として活用している絵本基金「子ども未来文庫」に、同社が創業80周年を記念し、社会貢献活動として大型絵本58冊を含む319冊(80万円相当)の絵本を寄贈したことに対して行われたもの。

 同社はこれまでも、環境に優しい取り組みを自主的に行っている事業所を対象とした「さっぽろエコメンバー」に登録したり、西区を流れる中の川や西野川の河川清掃ボランティアを行ったりと、さまざまな社会貢献活動を行っています。

 吉岡副市長から「札幌の子どもたちと絵本をつなぐ『架け橋』として貢献くださりありがとうございます」と感謝の言葉と共に感謝状が贈られ、花井社長は「未来を担う子どもたちに夢と希望を持って成長してほしいと願い、絵本を寄贈しました。引き続き、社会基盤の担い手、地域防災の要としてお役に立ちたい」と今後の抱負を語っていました。

 同社がある西区には、西区保育・子育て支援センター「ちあふる・にし」(西区二十四軒3条5丁目)と山の手保育園(西区山の手4条8丁目)の2カ所に寄贈。人気の「だるまさんシリーズ」などの大型絵本3冊を含む10冊が納品された「ちあふる・にし」では、早速読み聞かせが行われ、子どもたちは目を輝かせながら楽しんでいました。

 鑑賞した親子は、「大型絵本は絵が大きく迫力があるので子どもと一緒に楽しめました」と笑顔で話してくれました。

大型絵本を寄贈する花井社長

「ちあふる・にし」での読み聞かせの様子

「ちあふる・にし」に寄贈された10冊の絵本