• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 健康のために考えよう!~意外と知らない?!介護のキホン・自身の健康

ここから本文です。

更新日:2019年6月4日

健康のために考えよう!~意外と知らない?!介護のキホン・自身の健康

ステージの様子

 6月4日(火曜日)午前11時から、イオン札幌発寒店(西区発寒8条12丁目)のすずらん広場で、健康啓発イベント「意外と知らない?!介護のキホン・自身の健康」が開催され、多くの来場者でにぎわいました。

 これは、家族の健康を考え、高齢になる前から健康づくりや認知症などに関心をもってもらおうと西区役所と西区第3地域包括支援センター、西区介護予防センター発寒が初めて企画したものです。

 ステージでは、介護予防センターの職員や西区役所の保健師などが健康についての講話を行い「健康に生活していくには、元気なうちに病気を予防することが重要です」「姿勢をきれいに生活するだけでも、介護予防につながります」などと説明しました。その他、地域包括支援センターの職員による絵本の読み聞かせも行われ、認知症への理解を呼び掛けました。

 また、西区環境キャラクター「さんかくやまべェ」も会場に駆けつけ、西区発祥の介護予防体操「エコロコ!やまべェ誰でも体操」を西区役所の職員や体操の普及員らと披露。一緒に体操をする来場者の姿も見られました。

 ステージの外には、血圧や握力などの測定ができる健康測定コーナーや、福祉に関する相談コーナーが設けられ、どこも大盛況でした。

 来場した女性は「自分の健康について、たくさん学ぶことができました。これからも元気に生活するために介護予防をしっかりと行っていきたいです」と、真剣な表情で語っていました。

健康測定コーナーの様子

ステージの様子

「エコロコ!やまべェ誰でも体操」の様子