• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 北海道コンサドーレ札幌の深井一希選手と河合竜二さんが西区役所を表敬訪問

ここから本文です。

更新日:2019年5月22日

北海道コンサドーレ札幌の深井一希選手と河合竜二さんが西区役所を表敬訪問

集合写真(左からドーレくん、河合さん、深井選手、粟崎西区長、さんかくやまべェ)

 5月22日(水曜日)午後2時から、北海道コンサドーレ札幌に所属する深井一希(ふかい・かずき)選手、昨季限りで現役を引退し現在は同クラブスタッフ「コンサドーレ・リレーションズ・キャプテン」となった河合竜二(かわい・りゅうじ)さん、同クラブのマスコット「ドーレくん」が、西区役所(琴似2条7丁目、粟崎寿也(あわさき・としや)西区長)を表敬訪問しました。

 これは、6月1日(土曜日)に「西区民応援デー」として区民200人を無料招待するサンフレッチェ広島戦を前に、たくさんの区民が試合会場の札幌ドームに来場し、選手に熱い声援を送ってもらいたいとして行われたものです。

 MF(ミッドフィールダー)のポジションで活躍している深井選手は「ファンの皆さんの応援がプレーの原動力になっています。アジアチャンピオンズリーグに出場できなかった去年の悔しさをバネに頑張りたい」と今季に掛ける熱い思いを語りました。

 深井選手と河合さんから、サイン入りレプリカユニフォームと応援用フラッグが粟崎西区長に贈呈され、「ドーレくん」と西区の環境キャラクター「さんかくやまべェ」と共に記念撮影。粟崎西区長は、「コンサドーレは西区民の希望です。今後の一層の活躍を期待しています」と選手らにエールを送りました。

 西区役所1階では5月29日(水曜日)まで、北海道コンサドーレ札幌全選手のサイン色紙を展示しており、「ドーレくん」も「たくさんの人に見に来てほしい」とPRしていました。

歓談の様子

サイン色紙の展示をPRする「ドーレくん」

このページについてのお問い合わせ