• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 地域住民で力を合わせて~昭和連合町内会が交通死亡事故ゼロ14,000日を達成

ここから本文です。

更新日:2019年5月17日

地域住民で力を合わせて~昭和連合町内会が交通死亡事故ゼロ14,000日を達成

表彰式の様子

 5月17日(金曜日)午後7時から、昭和会館(西野6条3丁目)で昭和地区の交通死亡事故ゼロ14,000日達成を記念して表彰式が行われ、地域住民約30人が出席しました。

 西区では、連合町内会の区域内で交通死亡事故ゼロの日数が2,000日に達するごとに表彰状を授与しています。昭和地区では、1981(昭和56)年1月1日以降、死亡事故が発生しておらず、2019(令和元)年5月1日で交通死亡事故ゼロ14,000日を達成しました。同連合町内会では市全体で行われる交通安全運動に加え、日ごろから積極的な啓発活動を行っています。

 この日の表彰式では、粟崎寿也(あわさき・としや)西区長から、昭和連合町内会の水戸弘一(みと・こういち)会長へ表彰状が手渡され、出席者から盛大な拍手が送られました。

 表彰状を受け取った水戸会長は「今後も、交通事故の防止に向けて地域のみなさんと協力し、啓発活動を続けて行きたい」と力強く抱負を語っていました。

表彰式の様子

このページについてのお問い合わせ