• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 安全・安心なまちを目指して~春の地域安全運動・春の全国交通安全運動合同出動式

ここから本文です。

更新日:2019年5月10日

安全・安心なまちを目指して~春の地域安全運動・春の全国交通安全運動合同出動式

パトロールに出動する車両

 5月10日(金曜日)午前10時から、北海道職業能力開発促進センター(西区二十四軒4条1丁目)で、春の地域安全運動・春の全国交通安全運動合同出動式が行われ、地域の自主防犯パトロール団体の関係者ら約150人が参加しました。これは、札幌西防犯協会(三上恒(みかみ・ひさし)会長)と札幌方面西警察署(山﨑正史(やまざき・まさふみ)署長)が主催したものです。同運動は、5月11日(土曜日)から20日(月曜日)までの10日間、犯罪や交通事故のない安全安心な地域社会を目指して実施され、これに先駆けての開催となりました。

 式には、パトロール中を示す青色回転灯を装着した車や警察車両など約50台が集まりました。あいさつに立った山﨑署長は、犯罪件数などのデータを挙げながら「特殊詐欺や交通事故などを未然に防ぐには、地域の皆さんと警察の協力が必要です。共に安全安心に暮らせるまちづくりを進めましょう」と呼び掛けました。

 その後、特殊詐欺被害防止のDVDを視聴。実際に起こった詐欺事件の再現映像を、参加者は真剣な表情で見入っていました。

 最後に、札幌西防犯協会二十四軒連合支部の末廣繁幸(すえひろ・しげゆき)さんが「地域の皆さんが犯罪や交通事故の被害に遭わないように、パトロールへ出動します!」と宣言。参加者は車に乗り込み、地域のパトロールに向かっていきました。

パトロールに出動する車両

特殊詐欺被害防止DVD上映の様子

あいさつする山﨑所長

このページについてのお問い合わせ