• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 大切な命を守るために~春の交通安全市民総ぐるみ運動

ここから本文です。

更新日:2019年5月10日

大切な命を守るために~春の交通安全市民総ぐるみ運動

啓発の様子

 5月11日(土曜日)から20日(月曜日)までの10日間行われる「春の交通安全市民総ぐるみ運動」に先立ち、10日(金曜日)午前7時45分から、西区内の17カ所で早朝一斉街頭啓発が行われました。

 これは、同運動の周知と交通事故防止を広く呼び掛けようと、札幌市西区交通安全運動推進委員会(会長・粟崎寿也(あわさき・としや)西区長)が中心となって、町内会やPTA、地域の企業などが協力して季節ごとに実施しています。

 肌寒い天気の中、二十四軒地区では早朝からたくさんの地域住民らが集まり、「みんなで守ろう交通ルール」と書かれたたすきを身に付け街頭へ。マイクを手にした女性は「運転中はシートベルトを必ず締めましょう」「自転車の方は歩行者に気を付けて横断してください」などと、行き交う自動車や自転車に呼び掛けていました。

 5月20日(月曜日)午前10時からは、区内4ヵ所で、スピードダウンやシートベルト全席着用の徹底を呼び掛ける人波街頭啓発が行われる予定となっています。

啓発の様子

このページについてのお問い合わせ