• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 春の火災に気を付けよう~西野・昭和地区街頭防火啓発

ここから本文です。

更新日:2019年4月29日

春の火災に気を付けよう~西野・昭和地区街頭防火啓発

啓発の様子

 4月29日(月曜日・祝日)午前10時から、西野二股交差点(西区西野6条3丁目)付近で、野火の予防や火災による死傷者の発生防止を呼び掛ける「西野・昭和地区街頭防火啓発」が実施されました。

 これは、4月20日(土曜日)から30日(火曜日・休日)までの11日間、市内で実施されている「春の火災予防運動」の一環として、西野地区連合町内会連絡協議会(水戸弘一(みと・こういち)会長)が主催し、同地区の西消防団、西野少年消防クラブ、西消防署と連携して行ったものです。

 約60人の参加者は、「火災から命を守ろう」などと書かれたたすきを身に着け、「火の用心」「野火注意」と書かれた旗を手に、沿道に整列。西消防団の女性団員らは、マイクを手に「春は、空気が乾燥し火災が起こりやすい季節です。バーベキューの残り火などから大きな火事になることもあります。注意しましょう」と、道行く車や通行人に火災防止をアピール。歩行者には、住宅用火災警報器に関する啓発ティッシュを配り、警報器の定期点検を呼び掛けていました。

啓発の様子

啓発品を配る参加者

このページについてのお問い合わせ