• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 地域の健康長寿にスポーツで貢献!~平成30年度札幌市民スポーツ賞贈呈式

ここから本文です。

更新日:2019年2月14日

地域の健康長寿にスポーツで貢献!~平成30年度札幌市民スポーツ賞贈呈式

授与の様子

 2月14日(木曜日)午前10時から、ホテルライフォート札幌(中央区南10条西1丁目)で、「平成30年度札幌市民スポーツ賞贈呈式」が行われました。

 これは、札幌市民のスポーツの普及進展に貢献し、顕著な成績を挙げた個人および団体を顕彰するため、札幌オリンピック冬季大会を記念して、1973(昭和48)年に札幌市が創設したものです。今年度は市内の6人の個人・2つの団体が表彰され、西区からは、奨励部門で昭和体育振興会(奥野剛(おくの・たけし)会長)が表彰を受けました。

 昭和体育振興会は1994(平成6)年に発足。高齢者世帯が多い西区昭和地区において、地域住民の健康増進という課題に大きく貢献しました。また、小学生から80歳代まで幅広い世代の会員がスポーツを通じて交流することで、地域の親睦の輪を広げることにも寄与しました。

 この日、秋元克広(あきもと・かつひろ)札幌市長から表彰の盾を受け取った奥野さんは「さまざまな競技種目に取り組んだことで、幅広い年代からたくさんの人たちに参加してもらっています。これからも地域に密着した活動を続けていきます」と、誇らしげな表情で話していました。

受賞者による記念撮影(前列左端が奥野さん)

受賞の感想を語る奥野さん

関係者による記念撮影