• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 西区文化フェスタ2019オープニングイベント「コトニジャズinちえりあ」

ここから本文です。

更新日:2019年2月1日

西区文化フェスタ2019オープニングイベント「コトニジャズinちえりあ」

演奏の様子

 2月1日(金曜日)午後6時30分から、札幌市生涯学習総合センター「ちえりあ」(西区宮の沢1条1丁目)で、西区文化フェスタ2019オープニングイベント「コトニジャズinちえりあ」が開催され、約400人の聴衆が詰め掛けました。

 これは、西区文化フェスタ実行委員会と西区役所が、同日から3月10日(日曜日)まで、区内各所で演奏会や演劇などさまざまな催しを行う「西区文化フェスタ2019」の開幕を飾るものです。

この日は、ギタリストの飛澤良一(とびさわ・りょういち)さんが率いる2グループの演奏「トビサワールド平成LAST(ラスト)!」が行われました。

 前半に演奏されたのは「ブリージン」や「サンゴッテス」など次世代音楽であるアーバンジャズのスタンダードナンバー。後半にはボサノバが進化した新しいブラジル音楽の一つ「MPB(エムペーベー)」からアンコールを含め8曲を披露しました。

 聴衆は、曲に合わせて体を揺らすなど引き込まれた様子。曲が終わるたびに割れんばかりの拍手が会場に響き、オープニングイベントは大いに盛り上がりました。

 来場した女性は「たくさんすてきな演奏を聴けて大満足。今後行われるコンサートやライブが待ち遠しいです」と、今後の公演スケジュールを手に目を輝かせていました。

演奏の様子

演奏の様子