• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 西区で撮影された映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」パネル展の応援にやまベェが登場!

ここから本文です。

更新日:2019年2月1日

西区で撮影された映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」パネル展の応援にやまベェが登場!

やまべェと記念撮影する親子

 1月31日(木曜日)から、札幌市生涯学習総合センターちえりあ(西区宮の沢1条1丁目)で、映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」のロケ地や撮影の様子をまとめたパネル展がスタート。開催中には、西区環境キャラクターさんかくやまベェも応援に駆け付け、多くの親子連れらでにぎわいを見せました。

 札幌フィルムコミッション支援作品及び札幌市映像制作助成金採択案件であるこの映画は、昨年12月28日(金曜日)に公開され、現在も大ヒット上映中。主演の大泉洋(おおいずみ・よう)さんが演じる主人公の鹿野靖明(しかの・やすあき)さんは、筋ジストロフィーという難病を抱えながらも、多くのボランティアを自ら集め、西区の山の手地区で自立生活をしていた実在の人物。映画では、まっすぐに力強く生きる鹿野さんと、彼に出会って変わっていく人々の人生が、笑いあり涙ありで描かれています。実際に鹿野さんが住んでいた家で撮影が行われるなど多くのシーンが西区で撮影され、パネル展では、撮影場所や出演者にまつわるエピソードなどに加え、俳優や監督らのサインも展示されています。

 2月1日(金曜日)午前10時、ちえりあ会場にやまベェが登場。パネル展を盛り上げようと、通り掛かりの観光客や子どもたちとの記念撮影に応じたり、特製缶バッジを配ったりと大活躍。2月28日(木曜日)まで開催中の、撮影場所を巡って記念品がもらえる「モバイルスタンプラリー」についてもPRしていました。

 パネル展は2月5日(火曜日)正午まで行われ、同期間には地下鉄琴似駅(西区琴似1条4丁目)構内の西区ギャラリーでもパネルが展示されます。このほか、2月13日(水曜日)までにパネル展と映画の両方を見て応募すると、抽選で映画の関連グッズが当たるプレゼント企画も展開しています。詳細は下記リンクを参照するか、西区地域振興課(Tel641-6926、土日祝を除く午前8時45分から午後5時15分)まで問い合わせください。

パネル展の様子

足を止める観光客ら

西区ギャラリーの様子